するような気軽

5 の用例 (0.00 秒)
  • 世間せけん話でもするような気軽な口調で、彼女は言葉を続ける。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • かわりに、天候の話でもするような気軽さで声をかけた。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • それだけ言うと、イヴァンは散歩でもするような気軽さで建物の裏手に向かって歩いていった。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • 森永は国内旅行するような気軽さで言った。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • そしてその売春を希望するメッセージが、まるでペットかCDでも売り買いするような気軽さで入っている。 黒沼克史『援助交際』より引用