すり付ける

全て 動詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はにわかに劉の前にかしらをすり付けて、無礼の罪を泣いてびると、劉は黙って何処どこへか立ち去った。
  • それから人の前でもどこでも自分の着物の裾裏すそうらをまくってはなをかみ、そうして其涕それをうまくすり付けてしまう。 ...
  • そして自分のほてったほおを葉子のにすり付けるとさすがに驚いたように、 「こりゃどうだ冷えたにも氷のようだ」 といいながらその顔を見入ろうとした。 ...
  • 彼はいつも神前に礼拝する時に着用する白い狩衣かりぎぬのようなものを身につけて、それに石油をしたたかに注ぎかけておいて、社の広庭のまん中に突っ立って、自分で自分のからだにマッチの火をすり付けたのであった。 ...
  • こう云う時には人間を見懸けて矢鱈やたらにこすり付けるか、松の木の皮で充分摩擦術を行うか、二者その一をえらばんと不愉快で安眠も出来兼ねる。 ...
  • 助手たちがいまだにしつこく彼に身をすり付けて来るので、彼は、その都度、助手たちをひじで突き離さねばならなかった。 ...
  • それからびいどろ鏡を造る時は、上質の石を原料として練り上げ、板にふいてからぎ上げ、水銀に薬を合せて、それを裏からすり付けている。 ...
  • ふちの欠けた素焼の土鍋に川の水をすくい込んで、もとの洞穴へもぐり込んだかと思うと、更にそこらから枯枝を拾いあつめて来て、それにひうちの火をすり付けて、粟の粥を炊きはじめた。 ...
  • 宿屋の主人はこの時まで、自分のおかみさんや子供達が真黒になって泣いているのを見て、ボンヤリ突立っておりましたが、忽ちピストルを取り落すと、無茶先生の前にひざまずいて、真黒な顔を畳にすり付けながら、 「どうぞどうぞお泊り下さいお泊り下さい」 とピョコピョコお辞儀をして、手を合わせて拝みました。
  • さらに、公共の施設の水洗式トイレでは水洗便器の洗浄水に尿石防止剤や消毒薬剤を添加する装置であるサニタイザーが組込み連結して設置されることが多いが、このサニタイザーの形状が灰皿に似ているためにトイレ用灰皿と間違えられ煙草の灰がサニタイザーにすり付けられることがある。 ...