すみつこ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • すでにそこには地球の植物が根をおろし、地球の虫がすみついていた。 ...
  • いままで、いろんな植物がここにすみつこうとしては失敗したにちがいない。 ...
  • わたしはこの海岸にすみついてから、この男とだけは親しくしてきた。 ...
  • そのあとに僧がすみつかなければ、ついには山賊のすみかとなるだろう。 ...
  • 製鋼所の屋根にすみついている鳩をとろうとして転落したので、新聞に大きく出た。 ...
  • 生物が土壌を形成したばかりでなく、信じられないくらいたくさんのさまざまな生物が、すみついている。 ...
  • 東南アジアでは寺院や公園などにすみついたサル類がみられ、その多くは本種とされる。 ...
  • 五世紀のなかごろ、熊来の里には、朝鮮の東のほうからわたってきたたくさんの人びとがすみついていました。 ...
  • 古の文明の発電施設を掘り起こした人々はそこにすみつき、小さな「町」を作った。 ...
  • また、無人の惑星をえらんですみついているかもしれない。 ...
  • 避難民の一部は〈魔術師の島〉へ、他はすでに竜がすみついていたメルニボネに渡った。 ...
  • 子供には早すぎる諦念が心にすみついていた。 ...
  • これは磯魚いそうおであって、たらの子供が、親にはぐれて、陋巷ろうこうにすみついたような魚である。 ...
  • ナイル川のほとりにすみついたイスラエル人は、エジプト王の奴隷とされ虐げられ、巨大帝国の建設に従事させられていた。 ...
  • 人間が大勢すみついていたのは、川の流域くらいのもので、大都市はみな、航行可能な大河川の沿岸とか、海港周辺に集中している状態だった。 ...
  • 夏枝は札幌で北原に会った時、北原の胸に陽子がすみついているのをありありと感じた。 ...
  • 小麦の耕作地にすみついた彼らは農耕と牧畜を始めたが、一方で広大な森林を利用した狩猟や採集をも生活の手段とした。 ...