すでに傾きかけ

6 の用例 (0.00 秒)
  • 日はすでに傾きかけているはずだが、太陽は雲に覆われているらしく、ミチルの目にも見えない。 乙一『暗いところで待ち合わせ』より引用
  • そうしていて、心はさじの上にぬれている角砂糖のようにすでに傾きかけているのがわかった。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 陽はすでに傾きかけていた。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • すれば、自らの証言で訴えを取り消したことになり、すでに傾きかけている判決は、決定的に動かなくなるはずだった。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • すでにかたむきかけた日が、まどガラスにゴブランりのカーテンがかかったその、古めかしいしろの窓という窓に、暗い影を落としていた。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • 陽ざしはすでに傾きかけ、朝からふったり、やんだりをくりかえしていた小雨も、いまは小休止している。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用