すす色

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • なぜなら、彼の毛は黒かったし、わたしは煤色のマントを着ていたから。 ...
  • 顔色はいつもどおり蒼白かったが、いつも煤色の唇は赤くさえあった。 ...
  • 男は前に穴倉のうちで歌をうたっていた、眼のくぼんだ煤色すすいろをした、の低い奴だ。 ...
  • もし、そのとき横合いから、あの煤色眼鏡の青年がとび出さなかったら。 ...
  • ちょうどあの人が日光よけの煤色すすいろ眼鏡をかけていたので、それをあたしが借りてかけたのです。 ...
  • なぜなら、それは真の煤色で、わたしの制服と同様に光をまったく反射しなかったからである。 ...
  • 夫人はさっさとかまど部屋の横を通り、煤色すすいろのこの囲いから外へ出た。 ...
  • 眼のくぼんだ、煤色すすいろの、背の低い首斬り役が重たに斧をエイと取り直す。 ...
  • 彼らの衣服は黒っぽかったけれども、組合の煤色でないことにわたしは驚いた。 ...
  • これは背の低い眼のくぼんだ煤色すすいろの男である。 ...
  • そうやって着ると、組合の煤色のマントは隠れて見えなくなった。 ...
  • わたしはもはや徒弟のぼろも、職人の煤色の衣服も着ていなかった。 ...
  • しかし、空模様は不安で、西の方には煤色の雲がよどんでいる。 ...
  • 土人たちは幾つかの煤色の天幕テントの前にむらがっていたが、私たちの舟が通ると盛んに色々の光るきれを頭の上でうち振った。 ...
  • そのとおりにすると、わたしの煤色のマントを見て、彼らはちょっとびっくりした顔をしたものの、文句をいわずに食物をくれた。 ...
  • そして、頭上の旗竿には組合の煤色の三角旗がへんぽんと翻っていた。 ...
  • 奇妙な形状のその小島はかなり正確にカップをひっくりかえした形をしていて、その底にあたる所から煤色すすいろの煙が立ち昇っている。 ...