じゅらくだい

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 現在の京都に、聚楽第の遺構が殆んど全く残っていないのはこのためである。 ...
  • 聚楽第のような大規模な屋敷では、同様な室の並びがさらに一列北側に設けられた。 ...
  • 秀吉は京都聚楽第を3月26日に出発し4月25日に当地に到着している。 ...
  • 聚楽第を描いた絵画は以下のものが確認されている。 ...
  • 聚楽第の周囲には、きらびやかな行列を見物する京童きょうわらべたちが群れていた。 ...
  • 聚楽第完成まで秀吉の政庁として使われ普段は前田玄以が在城した。 ...
  • 二人が聚楽第の道を曲ってゆくまで、慶次郎は微動だにせずに見送っていた。 ...
  • その女のあまりな美しさに、秀次はそれを聚楽第じゆらくだいにつれてくることを家来に命じた。 ...
  • 既に昨日のうちに真田昌幸が聚楽第に駆け込み、関白殿に訴えているんだよ。 ...
  • しかしこの日、大政所は聚楽第で息を引き取っていたのであった。 ...
  • 氏規は聚楽第じゅらくだいにおいて秀吉にえつし、真田昌幸さなだまさゆきの領する沼田城をねだった。 ...
  • 聚楽第、寺町、天正の地割とともに秀吉による京都改造事業の一つである。 ...
  • これは聚楽第や御土居の建設、寺院の寺町への移動などと並ぶ秀吉の京都改造事業の一環である。 ...
  • ようやく、それから二日後に秀次は聚楽第へもどって来た。 ...
  • 聚楽第の破却に際し、建物の多くは伏見城内へ移築されたとされる。 ...
  • この邸の築造命令が出たのは一五八六年の冬、そして翌年の九月一三日に秀吉は大坂城を出て聚楽第に移った。 ...
  • 花は大阪城内の金色の殿館を指したとしても、また天正十四年に完成した聚楽第を指したとしてもよい。 ...