じゅうぼく

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そしてドアをあけたとたんにはいってきたのは、例の貴族の従僕だった。 ...
  • 控えの間で待っていた従僕が、話を知らされていたことは明らかだった。 ...
  • あのとき護堂には、消えゆく従僕たちが何かを告げていたように思えた。 ...
  • もちろん、私が知っているのは、村にいるときの従僕たちにすぎません。 ...
  • 玄関には数人の従僕が出ていて、兵隊の見張り所もひとつ置かれていた。 ...
  • 彼らは従僕的な魂の者であるとはいえ、それは彼らの罪ではなかった。 ...
  • 弟の心に大きな感銘を与えたのは、ほかでもなく、従僕たちの話でした。 ...
  • 従僕がそれを買ってもどってきてみると、客間にはあるじひとりがいた。 ...
  • 彼は家に戻ると、従僕に手紙を持たせて、ボージュ大佐のもとへやった。 ...
  • 家の戸があいて、大きな皿が従僕の頭めがけてまっすぐに飛んできました。 ...
  • 君主が従僕に変装してまでも逃亡しようとしたことに、人々は憤慨した。 ...
  • 従僕じゅうぼくたちの顔色から、わたしは何かしら変ったことが起きたなと察した。 ...
  • 従僕はぼんやりと見える遠くの方へ先頭に立って駈けて行くのが聞き取れた。 ...
  • 食事のほうはその日のうちに決行され、新しく雇った従僕が給仕をした。 ...
  • しかし従僕のほうは仰向けに寝たまま、桟敷席にいる主人に気がついた。 ...
  • それは従僕が、彼の忘れた手ぶくろをとりにかけあがったのであった。 ...
  • そして、今また新たな勇者の従僕として、戦いの旅に赴くことができる。 ...