じゃばら

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • それに、手製の銃じゃばらつきがあって、ちゃんと弾が狙ったところに行くかわかったもんじゃない。 ...
  • このキャンディには和歌山県北山村産じゃばら果皮粉末が使用されている。 ...
  • じゃばらの名前は「邪」を「祓う」ことから名付けられたといわれる。 ...
  • レリダには、古い崩れかけた建物があり、その突き出た軒じゃばらに、何千というツバメが巣を作っていた。 ...
  • 日本唯一の飛び地村で自生する幻の果実「じゃばら」の果皮粉末を配合。 ...
  • ちょっと離れたところからながめると、その表面にこびりついている巣の格好が、何かロココ時代のけばけばしいじゃばらとそっくりだった。 ...
  • 初回限定盤のジャケットは、CD盤面の約半分が見えるという特殊スリーブケース仕様となっていて、また歌詞カードもじゃばら折りで収納されているなど、これまでのGARNET CROWの作品にはなかったデザイン仕様となっている。 ...
  • 和綴わとじのかなり厚い一冊物で、表紙は茶色の熨斗目のしめ模様、じゃばらの糸で綴じてあり、綴目の上下に紫色の切れが張ってあって『心の種』と書いてあります。 ...
  • そこで彼は、序詩のはじめの文句が朗唱されていたとき、使節団用の高壇たかだんの柱をつたって、高壇の手すりの下を走っている軒じゃばらまでよじのぼり、そこにちょこんとすわりこんだ。 ...
  • 人波は休みなくふくれあがっていって、ちょうど水が入れ物いっぱいになったときみたいに、壁ぎわで盛りあがったり、柱のまわりで山をつくったり、なげしや、軒じゃばらや、窓の下枠や、建物の出っ張りや、彫刻のせり出したところの上にところきらわず溢れ出しはじめた。 ...
  • 「邪気を払う」と言われているじゃばらの、さわやかな酸味とまろやかな味わいが特徴。 ...
  • 本体高層部の外観を損ねないことを前提に、同社が特許を出願済みの技術によって地上 10 m に相当する脚部の基壇部に免震装置とオイルダンパーを埋め込む案や、じゃばら状に変形することで振動を軽減するエキスパンションジョイントを本体とエレベーター棟をつなぐ渡り廊下の連結部分に新設する案を提示した。 ...
  • 頭骨や脊椎などの人間の肉体のパーツと、じゃばら状のチューブなど機械的造形とを融合して構成された、「バイオメカノイド、バイオメカニカル」と呼ぶスタイルの作品が多い。 ...
  • 初回限定盤はDVDと、毎回同様通常盤とは異なるブックレットが付いていて、Perfume結成「10」周年を記念して、超豪華「10」面じゃばらジャケット仕様となっている。 ...
  • 「じゃばら」は、北山村が保有する登録商標、または、商標。 ...