じめつき

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それもこの長雨と同じかなり陰気なじめついた殺しに違いないと感じている。 ...
  • そこはガード下の、一年中陽のさすことがない、じめついた店であった。 ...
  • じめついた陽気だが、それでも森はほっとしてあたりの木々に目を細めた。 ...
  • 薄暗いトンネルの中で、腐った葉のじめついた匂いが鼻をついた。 ...
  • 照ると曇るとで、雨にじめつく林の中のようすが間断なく移り変ッた。 ...
  • 何かじめついた感情が湧きあがろうとしているようだった。 ...
  • いつまでもじめついたりはしていなかった。 ...
  • が、その分性格はからりとしていて、余程のことがない限りじめついたりはしないようである。 ...
  • 横浜の乞食のいる橋はカラリと晴れ上がっていたが、こちらは陰でじめついている。 ...
  • りた土の香に、じめついた空気と微生物の臭気が混じる広大な地下の広場。 ...
  • 仕事場が、暗くじめついた、息苦しさを感じさせる地中だということである。 ...
  • じめついたかび臭い空気のかわりに、木と戸外の匂いがした。 ...
  • 入口こそ小さいが、奥行きは三十メートル近くあり、じめついた空気を我慢すれば通気も悪くない。 ...
  • 場所からしてあんなじめついたとこじゃないか。 ...
  • 東の最後の丘陵地帯からかれらは広大な深い緑色をした、いかにもじめついていそうな平坦地を見おろしていた。 ...
  • 建物の裏手に回ってみると、石垣のすぐ近くまで下草の生い茂ったじめついた林が迫っている。 ...
  • 忠義などというような徳川時代的なじめついた道徳ではなく、すべてが個人の名誉が中心になっている。 ...