じなり

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 松林の上を利根川からの風が地鳴りのような音をたてて吹き渡っていく。 ...
  • 地鳴りが周囲を押し包み、この居住ブロックの筒全体に響き渡っている。 ...
  • 天はますます暗くなり、どこかから低い地鳴りのような音が聞こえてくる。 ...
  • 不気味な地鳴りが近づいてきたかと思うと、足もとが激しく揺れだした。 ...
  • だが、それをたずねる前に地鳴じなりのような音が暗いトンネルを揺るがせた。 ...
  • 遠くのほうで木の枝から雪が崩れ、かすかに地鳴りのような音を響かせる。 ...
  • この世の最後かと思ったさっきの地鳴りの源は、こいつだったのだ。 ...
  • 一ときのまに異常な恐慌状態が洛内中に地鳴りをおこしていたのである。 ...
  • マンホールがスピーカーとなり、その音が地鳴りのように響きはじめた。 ...
  • 地鳴りが足元をゆすり、 「壁が沈んでくわよ」 ゆきの低い声がした。 ...
  • さっき古墳が地鳴りを起こしたのは、あの光がやって来るという警報だ。 ...
  • 後には、雷鳴のように尾をひく地鳴りだけが残り、そして静寂が戻った。 ...
  • なにか地鳴じなりのような音がして、背後で大量の土砂どしゃが落ちてきた。 ...
  • 街を囲む山の中から何匹もの蝉の声が、地鳴りのように枕を揺らしていた。 ...
  • 王弁の声にかぶさって、低い地鳴りのような苦悶の響きが重なりだした。 ...
  • 征人は目を閉じ、船体が滑落する地鳴りのような音に意識を集中した。 ...
  • 「お比女ちゃんっ」 地鳴りは大きさを増し、音と共に恐れを連れて来た。 ...