じっと耳を澄ます

18 の例文 (0.00 秒)
  • じっと耳を澄ますと、それぞれの音の源が何なのかわかるものもあった。 ...
  • じっと耳を澄ましていると、足音は廊下のずっと奥の方で止まった。 ...
  • ぼくは座席の一番深いところで背中を丸め、じっと耳を澄ましてみた。 ...
  • 窓ガラスの向こうで誰かがじっと耳を澄ましているような気がする。 ...
  • じっと耳を澄ましているうちに、おくには少しずつ顔色が変るのを感じた。 ...
  • わたしは彼が街上の物音にじっと耳を澄ますさまを見てとった。 ...
  • 左の腕で電話台のうえにひじを突いたまま、じっと耳を澄ましていた。 ...
  • それに、じっと耳を澄ましてみても、これといった何かが拾えるわけでもない。 ...
  • 狐者異が次の言葉を待って、じっと耳を澄ましている気がした。 ...
  • じっと耳を澄ましていると沖のほうから細い声が聞こえる。
  • じっと耳を澄まし、馨は、バスタブの縁に後頭部をつけて目を閉じた。 ...
  • まあ、私とおんなじようにして、じっと耳を澄ましてみるがいい。 ...
  • じっと耳を澄まし、受話器の向こうから伝わってくる車の音を聞き取っているのだ。 ...
  • じっと耳を澄ましていると、何種類もの鳴き声が混っているのが分って来る。 ...
  • 残った仲間は暗闇の中に立って、通路から漏れてくる囁き声にじっと耳を澄ました。 ...
  • わたしは歩いているうちに、しまいにはじっと耳を澄まして、警官の姿でも見えないものかと思い始めました。 ...
  • それはじっと耳を澄ましている魂である。 ...