じぎく兵庫国体

18 の用例 (0.00 秒)
  • のじぎく兵庫国体にも2名の選手が参加し、福岡県は優勝を果たした。
  • また、2006年ののじぎく兵庫国体ではサッカー少年の部の会場として使用された。
  • のじぎく兵庫国体の福岡代表として優勝に貢献した。
  • 同年には国民体育大会成年男子宮城県選抜チームに選出されて兵庫県で開催されたのじぎく兵庫国体に出場した。
  • また、翌年ののじぎく兵庫国体にも出場している。
  • のじぎく兵庫国体閉幕からわずか4日後の大会であった。
  • 同年ののじぎく兵庫国体では予選落ち。
  • 同年ののじぎく兵庫国体では4位に入った。
  • またコーラス部は、高校野球の開会式に毎年参加したり、2006年のじぎく兵庫国体の開会式に参加するなどしている。
  • ソフトボール部は強豪として知られ、1998年から6年連続で全国高等学校総合体育大会に出場、2006年にはのじぎく兵庫国体で準優勝している。
  • ソフトボール部は強豪として知られ、1998年から6年連続で全国高等学校総合体育大会に出場、2006年にはのじぎく兵庫国体で準優勝するなど全国レベルでの活躍が目立つ。
  • ディビジョン2は前年と同様8チームによる3回戦総当たりであり且つチーム数が増えたため、第61回国民体育大会「のじぎく兵庫国体」夏季・秋季大会の関係で10月初めのみ中断したものの、2006 FIFAワールドカップの行われていた期間にも試合が開催された。
  • 初勝利を挙げた巨人戦はナイターだったが、くしくも同日の昼間に行われた「のじぎく兵庫国体」の高校野球・硬式の2回戦で早実の「サイトウユウキ」斎藤佑樹も福知山成美高校を相手に完封勝利を収めた。
  • 過去にはフェスピック、のじぎく兵庫国体、のじぎく兵庫大会、日本アグーナリー、日本陸上競技選手権20km競歩の会場にもなった。
  • のじぎく兵庫国体に合わせて、これまでの電球式電光掲示板に変わってフルカラーLEDのパナソニック製アストロビジョンや、陸上競技用のコンピューターシステムもマットathle32陸上競技大会運営システム、球技表示システムもフィールドビジョンプロが導入された。
  • 選手には前述の長尾・中村の他に、2006年に開催されたのじぎく兵庫国体にて、中村と共に地元代表としてベスト8入りした谷直樹・高松英二・松崎賢人、昨年まで「劉衡」としてプレーした劉生琢行、井上ジョナサンらを獲得、外国人には、ジャワン・ベイリーが加入した。
  • のじぎく兵庫国体に合わせて、氷上IC-和田山JCT・ICが2006年7月22日開通し、北近畿豊岡自動車道と一体化された。
  • のじぎく兵庫国体に合わせて氷上IC-和田山IC/JCT間が2006年7月22日に開通し、その結果京阪神からの所要時間が開通前よりも約20分短縮された。