しりん

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そこで四隣の国々では彼をさして信玄と呼ぶよりも、などとんでいた。 ...
  • 三人が警察の門を出た時には四隣あたりがモウ真暗になっていた。 ...
  • 執権高時への忠節に見事こたえたものとして、これは四隣の眼にも不思議ではない。 ...
  • それからだんだん議論に花が咲いて壮語そうご四隣を驚かすと云う騒ぎであったそうな。 ...
  • しかも男女二人をあやめ、その噂は、四隣の州にまでひろまっている。 ...
  • それを知った王女シリンもすぐに後を追う、という伝説である。 ...
  • 信玄が亡くなつて非常に喜んだ四隣の國が一擧に攻められなかつたのを見てもわかるのである。 ...
  • なんにつけても氏直は、いま、四りん虚勢きよせいっているところだ。 ...
  • わが四隣の境遇は実にかくのごときのありさまなることを。
  • 次に四隣狭隘、持つに庭なき寄席は、入口に暗い細長い路次を用意してゐた。 ...
  • 四隣なほ静かに、母は今起き出でたるけはひなり。 ...
  • 放浪の托鉢僧と名乗るその男は、シリンの重病を癒す術を知っているという。 ...
  • 彼はシリンに永遠の別れを告げて、民衆の幸せのために「鉄の山」にとどまることを選ぶ。 ...
  • 分り切っている筈だが、たとえ主でも、これほど厳密でなければならない四隣の現状だった。 ...
  • 三シリン|グ《》と正札しょうふだのついている、小型こがたの木の鳥かごにはいっている鳥だ。 ...
  • 彼の心には、水路を切り開く夢想とともにシリンの面影が繰り返し立ち現れる。 ...
  • それはなぜかというと私が博士と議論の揚句なぐられ掛けたその時に、大いに笑ったその声が四隣を驚かした事もあり、またただ議論をして居る時でも互いに大きな声をして居るものですから、近隣の村人などは博士とシナのラマと今日喧嘩をして居るというて大いに心配して外で聞いて居るです。 ...