しゃげき

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 東京における射撃想定地点は、地上約百二十メートルの高さからだった。 ...
  • 正確な照準射撃は無理な銃だが、彼はそのての銃の扱いには慣れている。 ...
  • それが射撃での眼心手の一致であり、仏教ではこれを法悦と呼んでいる。 ...
  • 私が敵の一斉射撃に向かって行った武者ぶりを知らぬものはないからな。 ...
  • 射撃の規模から、こちらが中隊だということが敵にはわかってしまった。 ...
  • たぶん何人かの射撃手はわずかながら命令より先に発射しただろう。 ...
  • 射撃をすることを禁じられている型の船なので何もしなかったのだ。 ...
  • 射撃も知っているし、たいていの者は前にダイナマイトで作業をしていた。 ...
  • うまくすれば、南側への射撃はせずとも痛むのではないか、と考えていた。 ...
  • 射手たちはぼうしにつけた花かざりの中に、射撃番号をつけていました。 ...
  • 走る車からの射撃なので、確実を期して頭を狙わずに胸を狙ったのだ。 ...
  • あらゆる船のあらゆる射撃手は、緊張のうちに制御盤を見つめていた。 ...
  • 彼は、いまの声が戦区の射撃指揮官のものであることを知っていた。 ...
  • 彼が出撃できるのは、射撃指揮官からそうするように命じられたときだけだ。 ...
  • が、この説をとるとすれば、射撃に使ったピストルはどこにあるのか。 ...
  • この段階まで来てようやく、信人は射撃の練習が必要なことに思いが至った。 ...
  • 例によって、スペイン人の射撃のお手並みのおかげで助かったのだった。 ...