しばらく黙々と

20 の用例 (0.00 秒)
  • しばらく黙々もくもくとその作業をり返していたぼく達だけど、まずぼくがその手を止めて言った。 沖田雅『先輩とぼく 05』より引用
  • しばらく黙々もくもくと拭いていたが、何度目かに中央で出会った時、メイが聞いた。 野尻抱介『クレギオン 6 アフナスの貴石』より引用
  • 気まずい雰囲気になり、私たちはしばらく黙々と焼肉を頬張っていた。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 私のそばではしばらく黙々と食事の時間が続いたが、クロードが思い出したようにロナルドの顔を見た。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • しばらく黙々もくもくと歩いていると、先輩が前を向いたまま、一番後ろでカメラを構えているオーラに向けて言った。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • トゥランはそうした光景を、しばらく黙々と観察していた。 バローズ『火星シリーズ05 火星のチェス人間』より引用
  • しばらく黙々と進んでいると、フェリが口を開いた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス03 センチメンタル・ヴォイス』より引用
  • 私はタバコに火をつけて、しばらく黙々とそれをふかし、女は落着きはらって私を見ていた。 ハメット/田中融二訳『死刑は一回でたくさん』より引用
  • 私もルフィオも猫も、しばらく黙々と食事をした。 山本文緒『眠れるラプンツェル』より引用
  • 二人はしばらく黙々もくもくと歩いた。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • しばらく黙々と食べてから、翼が言った。 井上荒野『だりや荘』より引用
  • そう言ったあと、逸平はしばらく黙々とはしを動かした。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • タカシは、しばらく黙々と食事していたが、急に思いついたように、おかみさんの顔を見て、 「おかあちゃん」といった。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用
  • しばらく黙々と暗闇を進んでいった。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 落合は、しばらく黙々と食べていたが、元来、太りすぎを気にする主婦向けのランチである。 赤川次郎『静かなる良人』より引用
  • 秀麗はしばらく黙々もくもくとおにぎりを食べていた。 雪乃紗衣『彩雲国物語 02 黄金の約束』より引用
  • アタスン氏は、またしばらく黙々と、重苦しく考えこみながら歩いていたが、とうとう、「そいつが鍵を使ったことは、きみ、確かなんだね」とたずねた。 スティーヴンスン『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 曹操はそう言ったあと、しばらく黙々と楊梅の実を、いちどに二粒ずつつまんで、口のなかに抛りこんだ。 陳舜臣『秘本三国志 03 (三)』より引用
  • 鉄板焼きの油はねと、熱気による汗で、通勤用のブラウスを汚さないようにと、修子から借りた黒いだぶだぶのTシャツを着た佐代子は、しばらく黙々と食べつづけた。 藤堂志津子『やさしい関係』より引用
  • ふたりは、それぞれの手もとの皿にかがみこみ、しばらく黙々と、けれど気のない手つきでおでんをつつき、ビールをのどに流しこむ。 藤堂志津子『やさしい関係』より引用