しばらく歩く

177 の用例 (0.00 秒)
  • しばらく歩いた後で、後ろから彌生がついてきていることに気がついた。 畠中恵『百万の手』より引用
  • ガラクタだらけの通路をしばらく歩くと、そこはもう六十四丁目だった。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ08A 悪霊都市ククル〔上〕』より引用
  • しばらく歩くと大きな店らしき影が霧の向こう側に浮かび上がってきた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 北側から西側にかけては、しばらく歩いたところに天満川が流れている。
  • ロビーをしばらく歩いて、マンションの中心にある大きな柱に到着する。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • それからしばらく歩いて振り返っても、まだ彼女の小さい影が目に入った。 小川内初枝『緊縛』より引用
  • しばらく歩くうちに、橘を落ち着かなくさせるものが視界の隅で動いた。 原登『村 の 名 前』より引用
  • 荒地をしばらく歩いて、われわれは死体の発見されたくぼみへ到着した。 ドイル/鈴木幸夫訳『コナン・ドイル ホームズの回想(1)』より引用
  • しばらく歩いて、あとからきている車を待ったが、人影一人見えない。 ヘディン/長尾宏也訳『シルクロード』より引用
  • なにも答えないままにしばらく歩いてから、裕子は次のように言った。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • しばらく歩いてから、やっと郁子は今の出来事を思い返すことができた。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • 東京駅のコンコースをしばらく歩いて、公衆電話のコーナーを見つけた。 重松清『疾走(下)』より引用
  • 文四郎は左右が畑に変わった道をしばらく歩いて、金井村の本村に入った。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 地下鉄を降り、しばらく歩くうち蓮見はおもいがけないものを発見した。 宇神幸男『神宿る手』より引用
  • 三人はしばらく歩き、やがて未牌ごろになって、とあるところに着いた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(三)』より引用
  • 天気がいいので、しばらく歩くうちにセーターの下の肌が汗ばんできた。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • 混乱した気持ちを抱えたまましばらく歩くと、すぐに山頂の中央に到達した。 九里史生『SAO Web 外伝03 ココロの温度』より引用
  • 彼はどこの遊里へ入る前にもくるまを下りてしばらく歩くのが癖だった。 岡本かの子『とと屋禅譚』より引用
  • 組屋敷の門を出て、塀沿いにしばらく歩いてから、二人は暗い畑の端に立った。 藤沢周平『風の果て(下)』より引用
  • しばらく歩いているうちに、何となく同じ道を歩いているように思えてきた。 泡坂妻夫『乱れからくり』より引用
  • 次へ »

しばらく歩く の使われ方