しっぽを出す

16 の例文 (0.00 秒)
  • いまにして思えば、金井の上昇志向は、何度もしっぽヽヽヽを出しかけている。 ...
  • けれども辛棒した甲斐あって、お月の方でしっぽを出したのでございます。 ...
  • イベント等でスーツを着用する事があるが、その際にはしっぽを出す為にズボンの前後を逆にする。 ...
  • 夜に行動してくれとラージャに言い渡された時、始めはその方が敵もしっぽを出しやすいから、そのためかと思っていた。 ...
  • 両方とも何とも言えない愛嬌がありましたし、またそんなことでしっぽを出すような照蔵さんじゃありません。 ...
  • 逆に完全な人間の姿を保ち続けることはあまり難しくなく、人化の術を極めれば人間の姿を保ったまま獣の俊敏さを発揮することも可能になるが、最も安定するのは人間の姿に猫耳と猫しっぽを出した半人半獣の状態であるとされる。 ...
  • しかし、とうとう彼はしっぽを出したよ。 ...
  • しかし、容易にしっぽを出すわけもない。
  • つまらないことで、のべつしっぽを出していたのである。 ...
  • じっさいあの晩坂巻はたびたび危い橋を渡っているのだが、不思議にラッキーにめぐまれていたとみえて、どこにもしっぽを出していなかった。 ...
  • が、超心理的多層遮断処置が、しっぽを出すにきまっている彼の意識の特定部分をがっちりと封鎖していた。 ...
  • おそかれ早かれ、きみだってしっぽを出すにちがいない。
  • しっぽを出しちまうかもしれん。 ...
  • 参考までに、「夕方に耳としっぽを出した状態で人に化ける」場合、コストを支払わずに「変身」することができる。 ...
  • 「井伊はしっぽを出し申した」 助命と伝えて、秀頼と淀殿が出ていくところを即座にからめ捕り、 「生け捕りつかまつりました」 と報告して、寄手随一の手柄にするつもりに違いなかった。 ...