しきりに画策

7 の例文 (0.00 秒)
  • かれらは隙をき、カルロスとノフロロに迫ろうとしきりに画策している。 ...
  • 柳生一門がなにごとかしきりに画策していることはわかっていたが、喜左衛門の言うところとは全く異なった方向にのみ、かれらの動きの目的を考えていた。 ...
  • 公使ロッシュは、窮境に立つ幕府を援助して恩を売り、対抗者のイギリス勢力を日本から駆逐しようとして、しきりに画策しているのだ。 ...
  • ところが加持夫人がしきりに画策して、一人で会を切りまわそうとし、私に群長をやらせ、組長は伊藤信次夫人にさせようとしきりにすすめている。 ...
  • 後藤九兵衛は門人たちの意見を重んずる方法、たとえば入札いれふだによっての決定へ事をはこぼうとして、しきりに画策をした。 ...
  • 亀山院も抜かりなく、按察使あぜちの藤原頼親を鎌倉へ派遣して、頼綱とのよしみを深めるなど、しきりに画策なさっているようですが、ご安心ください。