しかるに何ぞ

7 の用例 (0.00 秒)
  • しかるに何ぞや、あなたはこの貴重な義務を軽んじるよう娘さんをそそのかし、自分を生んでくれた母親を憎悪するよう娘さんをけしかけた。 サド/澁澤龍彦訳『美徳の不幸』より引用
  • しかるに何ぞや若い娘を捉えて、乱暴狼藉をなされるとは! 国枝史郎『血ぬられた懐刀』より引用
  • しかるに何ぞや、混雑のために赤ん坊を取り違えるなんて、私は断じてそんなことは信じない。 ルブラン/保篠龍緒訳『八点鐘』より引用
  • しかるに何ぞや、わたしの見るところでは、この世界には人々の数と同じくらい神様の数があり、人々の考えごとや空想が区々まちまちであるのと同じくらいに、神様に仕える仕方も区々まちまちである。 サド/澁澤龍彦訳『恋のかけひき』より引用
  • しかるに何ぞや娘を捉え、淫がましい所業しわざをなさる! 国枝史郎『血ぬられた懐刀』より引用
  • しかるに何ぞやである。 吉川英治『新・水滸伝(四)』より引用
  • しかるに何ぞや。 坂口安吾『オモチャ箱』より引用