しおら

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 家に帰ったとき私を出迎えてくれたのは、しおれている観葉植物でした。 ...
  • 私はあのとき客間の花がしおれていはしないかと思って見に行ったのでした。 ...
  • 保護者の義務として、教育にとりかかったら、逆にこちらを教育しおる。
  • 前にかれがおいた花がしおれていたので、それはポケットにいれた。 ...
  • 花のしおれきった花壇の、柔らかい土の中から、人間の手ヽヽヽヽが生えていた。 ...
  • 人の目を忍ぶほどの中の奴なら、何か後暗いことをしおるに相違ないでの。 ...
  • 声を聞いた虫と鳥が落ち、木々の葉も落ち、草木はしおれて枯れていく。 ...
  • しおれた植物をしばらく見つめてから、病院に行く決心を固めました。 ...
  • 僕もたいへん残念であったし、カビ博士もすっかりしおれてしまった。 ...
  • 彼がいくら意識したところで、手を出そうとする気持ちすらしおれてしまう。 ...
  • 夕方彼はしおれきってハンスのところにやって来ることがよくあった。 ...
  • もっとも植物の方は、最後に見たとき、しおれてしまっていました。 ...
  • 被害を受けた葉には小さな白い班が生じ、数が多いとしおれて枯れる。 ...
  • あれが頭をよくするために、どんなことをしおったか、お気づきでしたか? ...
  • 「俺たちにしてはでかくなりすぎたようだよ」 社長がしおれた顔で言った。 ...
  • プロペラと花は違うものだと分かるし、しおれた花でも認識できる。 ...
  • そして急にしおれた調子で、二十円だけ借して下さいというのだった。 ...