さんじゅ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • しかし1988年、傘寿を記念して、十四代として初の個展を開催した。 ...
  • サンジュは父や妹を守るため知人を通してAK-56を手に入れる。 ...
  • 彼の車に乗ったサンジュはウィニーから完成した伝記を渡される。 ...
  • 彼女はサンジュが真実を語ろうとしている姿勢を確認し、彼のインタビューを引き受ける。 ...
  • そんな中、サンジュの元に父や妹に危害を加えるという脅迫電話がかかってくる。 ...
  • 最初のは厚生大臣からのもので、これは型通りに加賀の傘寿を祝うメッセージであった。 ...
  • サンジュは帰国後にルビーの父に非礼を詫びて彼女に想いを伝えようとするが、そこで彼女が他の男性を結婚することを告げられる。 ...
  • 映画は成功を収め、サンジュはを受賞して再びスター俳優となるが、それから間もなく父スニールと死別する。 ...
  • カレムーシュの協力でルビーはサンジュとの結婚を決意するが、再び薬物に手を出した姿を見て幻滅したルビーはサンジュの元から離れてしまう。 ...
  • 傘寿さんじゆ記念として刊行された句集『声遠』に収められ、作者はこの翌年の昭和五十八年逝去した。 ...
  • 直後にボンベイ各地で爆弾テロが発生し、サンジュは銃の不法所持及びテロ事件への関与の疑いで逮捕される。 ...
  • 息子夫婦と孫夫婦、ひ孫と同居し賑やかな老後を過ごしているように思えたが、息子夫婦と孫夫婦の間で住居問題が発生し、まり子は傘寿にして家を出て「独立」することを決意する。 ...
  • 同日、はに関連して、サンジュに対して武器の不法所持で懲役5年の有罪判決を下した。 ...
  • 薬物依存を克服したサンジュは人気俳優として充実した日々を過ごしていたが、女癖が悪くカムレーシュのガールフレンドに手を出してしまう。 ...
  • 帰国したサンジュは、再び薬物を売りに来たズビンと絶縁する。 ...
  • ウィニーからカムレーシュの話を聞かされたサンジュは、ラジオを通して真実を伝えようと考え、カムレーシュを連れてくるように彼女に依頼する。 ...
  • しかし、父に行動を管理される窮屈さにストレスを感じていたサンジュは、悪友でドラッグの売人であるズビンに勧められて薬物に手を出してしまう。 ...