さわやかな木陰

4 の例文 (0.00 秒)
  • それは緑の牧場をぬけ、さわやかな木陰をくぐって音もなくうねうねと流れ、やがては大海に注ぐ静かな小川を思わせるものがある。 ...
  • ひどく力を入れてこいだあと、まだ暑くてしかたがなかったので、彼はオリーブのさわやかな木陰を通りかかりながら時どき帽子を脱いでは、相変わらず生温かいながら、沖から吹いて来るかすかな風のためにいくぶんおちつき気味の夕方の空気に角張った額をあてた。 ...
  • またあるときは、湖心にまで出ていかないで、緑したたる島の岸辺に沿っていくのを楽しんだが、透きとおった水と、さわやかな木陰に誘われて、水浴をするようなことも、しばしばあった。 ...
  • 輝く花よ、花咲き乱れる草原よ、さわやかな木陰よ、小川よ、木立よ、緑の野よ、どうかここにきて、あれら醜いものに汚された私の想像力を清めておくれ。 ...