さまよい歩くよう

8 の用例 (0.00 秒)
  • ちょうどひとが昔そこで育った故郷の家の庭の中をさまよい歩くように。 モーパッサン/杉捷夫訳『シモンのパパ』より引用
  • このときから女中たちは、娘の血を求めて近くの村をさまよい歩くようになりました。 桐生操『きれいなお城の怖い話』より引用
  • ルイーズは、喪服を着て広い城内の通路をあてもなくさまよい歩くようになった。
  • 争いがどのようなものであったにせよ、明らかにその争いがペンギンたちをこわがらせ、さまよい歩くようにさせたのだった。 ラヴクラフト全集4『07 「狂気の山脈にて」』より引用
  • また、ときには戸外へ出て、夕方遅くまであてどなしにさまよい歩くようなこともありました。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「六号室」』より引用
  • そう言えば、階段の明り取りがあおられる音も、濡れ雑巾がさまよい歩くような廊下のきしみも、三日続きの雨の後に、急に山から吹き下ろして来た乾いた風のせいだと考えられなくもない。 安部公房『箱男』より引用
  • エリザベート・バートリの拷問このときから女中たちは、エリザベートの命令で、若い健康な娘を探して、近くの村々をさまよい歩くようになった。 桐生操『美しき拷問の本』より引用
  • 狂犬病に感染した犬は、やたらにさまよい歩くようになり、相手かまわず噛みつこうとするだろう? 貴志祐介『天使の囀り』より引用