さまよい歩く

132 の用例 (0.00 秒)
  • ちょうどひとが昔そこで育った故郷の家の庭の中をさまよい歩くように。 モーパッサン/杉捷夫訳『シモンのパパ』より引用
  • 奴が言うには、そのあと何年も、帝国中をさまよい歩いたってことです。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • こんな寒いところを当てもなくさまよい歩くのは嫌だ、というのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17a D-白魔山 上』より引用
  • 右も左も分からない土地で戸惑い、不安になりながら街をさまよい歩く。
  • 若い男性が恋人の名を叫びながら瓦礫のあいだをさまよい歩いていた。 大石圭『自由殺人』より引用
  • お前を探して、竹の林の中をあてどもなくさまよい歩いていたんだ。 加藤道夫『なよたけ』より引用
  • そういえは、六年前もこんな風に銀座の街をさまよい歩いた気がする。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • これといった決定打けっていだもつかめないまま、彼女はまちの中をさまよい歩いた。 賀東招二『フルメタル・パニック!05 終わるデイ・バイ・デイ(下)』より引用
  • しかし、夜の闇が降りてくると、彼女は新しい犠牲を求めてさまよい歩く。 吉行淳之介『技巧的生活』より引用
  • BARからキャバレーから夜の女の群へとさまよい歩いて見たのです。 小野佐世男『エキゾチックな港街』より引用
  • このようにあてもなくさまよい歩く通行人の上に、まだらな木の影が落ちる。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • さまよい歩いていた暗闇の遙か向こうから、低く穏やかな声が聞こえた。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • 彼はまるで霧のなかをさまよい歩いているような気がした。 クラーク『渇きの海』より引用
  • 国々をさまよい歩いた末の、よるべなき我が身の上であったのである。 佐藤垢石『酒徒漂泊』より引用
  • 私は彼女と一緒に会社を出てブラブラと食事ができる場所を求めてさまよい歩いた。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • 両手を頭のうしろに組んで、校庭をよろよろとさまよい歩く法もおぼえた。 太宰治『晩年』より引用
  • ずっとずっと、この美しい森のなかをさまよい歩いていたいような気持ちだった。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • このときから女中たちは、娘の血を求めて近くの村をさまよい歩くようになりました。 桐生操『きれいなお城の怖い話』より引用
  • しかしだれも私がひと晩かけて地底の迷路をさまよい歩いていることは知らない。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 僕は群衆のなかをさまよい歩いてばかりいるのではないようだ。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 次へ »