させる働きを持つ

16 の用例 (0.00 秒)
  • すなわち自発的に進行する方向に反応の速度を増加させる働きを持つ。
  • 超能力を生み出すとされている右脳部分を活性化させる働きを持つ。
  • 環椎との間にある環軸関節は体軸に垂直な回転軸を形成し、頭部を回旋させる働きを持つ。
  • その行動は、他の心へそのミームを複製させる働きを持つ。
  • また中枢神経に作用して、精神を高揚させる働きを持つ。
  • 首を曲げ、回転させる働きを持つ。
  • 更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。
  • 入射した平行光束を収束させる働きを持つものを凸レンズ、発散させるものを凹レンズという。
  • 細胞に対するCaイオノフォア刺激は細胞内Ca 2+ 濃度を上昇させる働きを持つことから、生物系の基礎研究において細胞内情報伝達機構へのCa 2+ の関与を明らかにする目的でよく用いられる。
  • 下垂体に働き成長ホルモン分泌を促進し、また視床下部に働いて食欲を増進させる働きを持つ。
  • icsAは赤痢菌菌体の片方の端に局在しており、アクチンを再構成し重合させる働きを持つ。
  • ラットでは、テオガリンおよびその代謝物であるキナ酸は血液脳関門を通り抜けて移動することができ、認知力を活性化させる働きを持つ。
  • また、血漿を凝固させる働きを持つタンパク質であるコアグラーゼを産生するかどうかが、ヒトに対する病原性と密接に関連しているため、コアグラーゼ陽性、コアグラーゼ陰性の二群に大別することも医学分野では慣用的に行われてきた。
  • iHAとは、軟骨細胞を活性化させる働きを持つ卵黄ペプチドの一種で、卵黄のたんぱく質に特殊な分解処理を施すことで精製される。
  • これらの深部のマントルの根は、クラトンの安定性、錨着力、存在の持続性を増大させ、プレート相互の衝突による、プレートの肥厚化や、堆積物の沈み込みに伴う破壊に対する、クラトンの感受性を大幅に低下させる働きを持つ。
  • A1サブユニットは、細胞内のNADをニコチンアミドとADPリボースに分解し、そのADPリボースをGタンパク質の一種である、受容体活性化G s タンパク質に結合させる働きを持つ。