さしちがえる

全て 動詞
17 の例文 (0.00 秒)
  • なろうことなら相手とさしちがえて死ぬ覚悟だった。 ...
  • だから、むかしの侍みたいなさしちがえをやるわけにはいかん。 ...
  • 私はこの女が子どもを生まないまえに、あなたがたふたりを殺し、私もさしちがえて死んでしまいます。 ...
  • まあ早くいえばさしちがえだね。 ...
  • 何日目かに物言いがつき、行司のミスと判明、いわゆるさしちがえヽヽヽヽヽだが、力士が蜂矢であった。 ...
  • さしちがえ死ぬ死ぬという長局 相身互とは長局の言葉 長局角つきあいで仲がよし 「さしちがえ」は「刺違え」で、二人の者が互いに刃を相手の身体に刺しあって死ぬことである。 ...
  • 互形を用いるときには「さしちがえ」て抱きあう形になる。 ...
  • もし、父母の存生中にこの事件が起ったならば、父は必ず、われを刺し殺し、父母はさしちがえて死んでしまったに相違ない。 ...
  • 井上、伊藤らが「大黒屋」から借りることになった洋行費五千両の保証をしてくれという話をもちこまれ、独断でそんなことはできないとことわったが、これを承諾してくれなければさしちがえて死ぬばかりだ、と井上がいって、決死の色を面にあらわしたので、村田のほうで折れて出たのだと『井上伯伝』に出ている。 ...
  • 「なにさ、ふたりいっしょに毒をのんで、大和屋とさしちがえて死ぬつもりだったんだろう」 「ああ、それで、ふたつのおわんにふたつとも、毒がはいっていたのでございますか」 お遊はあおくなって肩をふるわせた。
  • 互形に「ト一」の役目をさせて「ハ一ハ一」することを、「さしちがえ」という。 ...
  • 三ヵ条の罪名とは、宗春の遊蕩ゆうとうと、のぼりの件と、倹約令無視むしのとがめで、ふたりの使者はことと次第では宗春とさしちがえるつもりで尾州邸へのりこんだ。 ...
  • 「角つきあい」の「角」とは、ここでは勿論、張形のことで、「さしちがえ」てさながら抽送しているように交互に突きあう形を表現し得て、妙である。 ...
  • さしちがえて死にもっそ。 ...
  • 孝嗣に、身ひとつで戦場におもむき、主君の危窮をすくい、もしできなくても毛野とさしちがえて死ねば、すこしは親のあやまちをおぎなうことになる、という。 ...
  • さしちがえる気だ! ...