さく男

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 作男は婦人を芝生の上におろすと、女中がどうしたのか見に行きました。 ...
  • うわさによると、女主人が今度の作男と結婚するということは確からしい。 ...
  • そして、家のほうは女房にまかせて、自分は作男と仕度をして出かけた。 ...
  • ぼくがここへきてすぐのころ、ある作男のことを一度書いたろう。 ...
  • その間にフレデリックとその作男たちは風車のあたりで停止していた。 ...
  • 農繁期には作男になって暮しを立て、冬場はきこりでもしてたんだろう。
  • それでその日になると、作男が二頭の馬をつなぐものへつなぎました。 ...
  • 野山の仕事に忙しい時期には、多くの作男と一緒になつて働きに出かけた。 ...
  • この時から綾垣は室原邸の作男のような立場で出入りし始めている。 ...
  • この弟というのは前々からこの作男を憎んでいて、追い出したがっていた。 ...
  • 妹ふたりが居なくなって半年過ぎた冬、次男が庄屋の作男に取られることになった。 ...
  • ピルキントンさんのところの作男が生垣の向こう側に立っていたね。 ...
  • もちろん一人では手がまわらず、作男さくおとこたちに手伝わせておりました。 ...
  • 彼が火箸をくさむらの中にほおったとき、銃砲の音で一人の作男がそこへ寄って来た。 ...
  • パホームと作男は自分の小型の旅行馬車で出かけ、シャベルを持っていった。 ...
  • ひそかに隠匿いんとくせる財貨を偶然掘りあてたる若き作男を殺害せし罪による。
  • おそらくその村の作男のだれかの娘なのでしょう。 ...