さく柄

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 加えて今年の米の作柄はどうかという今日ただいまの心配がある。 ...
  • 話しながらふと真顔になって、今年の作柄のことをお訊ねになりやした。 ...
  • 日照不足と長雨による影響で米の作柄が心配されるようになった。 ...
  • 百姓との話の最初に作柄を聞くのは禮儀のやうなものであらう。 ...
  • 作柄の見通しを言うことを避けた頼元の返事は、気にいらないものだった。 ...
  • また、主食であるヤムイモの作柄を占うために始まったとも言われる。 ...
  • 雫石という村が、例外的に作柄のよい土地だったのでしょうかね。 ...
  • 私は挨拶がすむとすぐに今年の作柄について聞く。 ...
  • それまで税率は作柄により変動していたが、利常はこれを改め税率を固定した。 ...
  • 二人ずつ並んで、作柄の話かなにかをしながら。 ...
  • 農地と山林については作柄に応じて坪単価・用材別単価で価格を算定した。 ...
  • ただし作柄さくがらは師匠筋に似ず、刃文は直刃すぐはが多く、脇差、平作り脇差をよくした。 ...
  • 「今年の作柄をどう思うか」 頼元はすぐには答えなかった。 ...
  • 作柄としては、左利きのため茎の鑢目が勝手上がりになるになるという特徴がある。 ...
  • 日用品を意識して製作されたものが多く、無駄な飾りや技巧を省いた質素な作柄で知られる。 ...
  • 「冬のかたみに」の作柄が私小説と異るとは、誰もが認めるだろう。 ...
  • 豆を並べて焼き、焦げ具合からその年の作柄や月ごとの天候を占う。 ...