さく柄

30 の例文 (0.02 秒)
  • 話しながらふと真顔になって、今年の作柄のことをお訊ねになりやした。 ...
  • 加えて今年の米の作柄はどうかという今日ただいまの心配がある。 ...
  • 作柄の見通しを言うことを避けた頼元の返事は、気にいらないものだった。 ...
  • 旗上げから5日後には台風の襲来、農作物の作柄などを宮司が予想する。 ...
  • また、主食であるヤムイモの作柄を占うために始まったとも言われる。 ...
  • 日照不足と長雨による影響で米の作柄が心配されるようになった。 ...
  • 二人ずつ並んで、作柄の話かなにかをしながら。 ...
  • ただし作柄さくがらは師匠筋に似ず、刃文は直刃すぐはが多く、脇差、平作り脇差をよくした。 ...
  • 雫石という村が、例外的に作柄のよい土地だったのでしょうかね。 ...
  • 「今年の作柄をどう思うか」 頼元はすぐには答えなかった。 ...
  • 日用品を意識して製作されたものが多く、無駄な飾りや技巧を省いた質素な作柄で知られる。 ...
  • それまで税率は作柄により変動していたが、利常はこれを改め税率を固定した。 ...
  • 「冬のかたみに」の作柄が私小説と異るとは、誰もが認めるだろう。 ...
  • 豆を並べて焼き、焦げ具合からその年の作柄や月ごとの天候を占う。 ...
  • けれどもそれから三四日たちますと、気候はぐんぐん暖かくなってきて、その秋はほぼ普通の作柄になりました。 ...
  • 稲の作柄がいい年は、ほかの農作物もおおかたは出来がよい。 ...
  • 私は挨拶がすむとすぐに今年の作柄について聞く。 ...
  • しかし、定免法が適用されたため、作柄相応に減免されなかったために多くの未進米が発生した。 ...
  • 造卵器が茎の先端や葉の間に造られる場合、さくは白くて柔らかいさく柄を伸ばしてその先端につく。 ...
  • 農地と山林については作柄に応じて坪単価・用材別単価で価格を算定した。 ...
  • スワンは70種類以上の品種のジャガイモを育てたことで有名で、以前にも複数の新聞が彼の農園の作柄のよさを取りあげていた。 ...
  • もともと米の作柄は大したものじゃあねえんですけど、南部大豆といやァ大坂の相場を左右するほどの名物でした。 ...
  • かりに家が火事で焼けたり、作柄が思わしくなかったりしても、それ以前とほとんど変わらない暮らしをしていたことだろう。 ...
  • その年のブドウの作柄のことをヴィンテージと呼ぶ。 ...
  • 覆損使とは、稲の作柄不良の際に、損田の調査にあたった国司のことと推定されている。 ...
  • 抒情的な作柄が想像されて、今遺っていれば面白いのだが、その原稿は研究会の機関誌に載せるとの約束が実現しないうちに紛失してしまった。 ...
  • 「希望館」とこの「父たち母たち」とでは作柄が違って見えるが、根本的な傾向として抽象的に人間性を取り上げている点では同じ性質の二作なのである。 ...
  • かつて九十九里浜の鰯漁況が全国の米の作柄を左右するともいわれたが、明治以後は、北海道の鰊粕にその座を譲った。 ...