さくし

全て 形容詞
13 の例文 (0.00 秒)
  • まわりの空気を切りさくかのような音、発着台の人びとに警告する大波のような金切り声を上げるサイレンの音が聞こえた。 ...
  • 賑やかな、気のさくい、そしてすぐある欲求を充たしてくれる若い女として、彼女は学生や青年の性欲に飢えた人間にもてはやされるようになって、しかもそれで満足していた。 ...
  • どちらが作為的《さくい てき》でない蒼崎橙子なのか、本人にもよくわからないらしい。 ...
  • 美影さんと読むと美影さんの質問が無《む 》作為《さくい 》にシビアで羞恥しゅうちプレイです。 ...
  • 「ふむ」 元々、さほどの熱意を持って提案したわけではない、悠二へのプレッシャーを作為《さくい 》的に与え続ける行為の一環いっかんである。 ...
  • じゅう金属の倒れる音は、まるで楽器を無《む 》作為《さくい 》に打ち鳴らしたような音だ。 ...
  • 百年ももとせの土、二十はたとせの 憂をこめていたはれば、 ここにわがのうるほひを うつしてさくか夢の花。 ...
  • 訓練が行き届いていると思いながら、ファーフナーは、無《む 》作為《さくい 》に正面の一人に激突げきとつした。 ...
  • それはきょうまでの日に、竹童、龍太郎、小文治の三人が八方くまなくそうさくしてみたけれど、その消息しようそくられなかったので、やむをえず伊那丸いなまるとのやくそくもあるので、いちじ断念だんねんして、参会さんかいしたのであった。 ...
  • ところで、有限な「全集」に誰の何を入れ、幾巻をさくか、誰、何をいれないかという選択は、すぐれて編集的行為であり、このうえなく具体的な批評でもあり得るがあり、実際に池澤夏樹は個人編集というかたちで、『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』・『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』を河出書房新社より刊行した。 ...
  • この不《ふ 》とうの殺し屋を可能な限り遠くへと引き離し、 もはや余《よ 》命幾許めいいくばくもないヨーハンを『れい時《じ 》迷子まいご』の中に封じ、 宝具《ほうぐ 》の起こす無《む 》作為《さくい 》転移《てんい 》を利用して回復と緊急避難を同時に行う、 という解決策を。 ...
  • わかい男の忍びあし、 まがひパナマに日が射せば、 にがみばしつた横顔のことにつやつや蒼白く、 ほそくいたる青竹に蝮挟みてなつかしく、 渚のほとり、草土手の曼珠沙華さくしたみちを、 九月午後ひるすぎ、忍びあし。 ...