さういふ考へ方

17 の例文 (0.00 秒)
  • そしてさういふ考へ方は、考へ方の基礎として甚だ必要だと思ふのです。 ...
  • 少しは、ためておかんと、困るだらう、と、さういふ考へ方を僕はしない。 ...
  • 私は不幸にして、さういふ考へ方のできない生れつきであつた。 ...
  • 萬葉人たちが實際の信仰としてさういふ考へ方をしてゐたか。 ...
  • なるほど、さういふ考へ方もあるかなと私は感じました。 ...
  • さういふ考へ方をする人も、続日本紀を見ると、こちらの方が本たうだと言ふことになる。 ...
  • さういふ考へ方がむしろ危険ではないかとさへ思はれた。 ...
  • さういふ考へ方が文學の上にも稀薄なんぢやないか、といふことが考へられます。 ...
  • たしかにさういふ考へ方もありますね。 ...
  • 文学が生命であると、さういふ考へ方に溺れてゐたことが非常に不覚であつたといふ考へ方に傾いてきた。 ...
  • さういふ考へ方が日本にも伝はつて来て、殊に明治時代、元勲の書が喜ばれた。 ...
  • でも、さういふ考へ方が個人主義的な考へ方だといふことに気がついてから、私の決心はきまりました。 ...
  • トービー問題にならん、さういふ考へ方は空徳利同様、糞喰くそくらへだ。 ...
  • 私は此処で具体的のことを申上げるのは大変僭越でありますが、素人はさういふ考へ方をするのだといふ意味で御参考になるかと思ふので一二申上げて見ますが、今旅行をしても、ホテルに泊つても、外国から来たお客の種類が非常に違つて居ります。 ...
  • 次には他国と戦争しないことおよび他国に武器を売らないことがとりわけ貴重だと思ふけれど、さう思はない人がゐても仕方がないし、討議をつくしたあげくならばさういふ考へ方が主導権を握つてもやむを得ない。 ...
  • しかも、さういふ考へ方を吹き込まれるのは、決して西洋崇拝、或は西洋讃美の書物からではない。