ご最期

32 の例文 (0.00 秒)
  • だからあの人のことをお調べのあんたに、ご最期の様子を話さねえわけにはいかねえ。 ...
  • だが、美濃の金蓮寺は、両公達ご最期の地ゆえ、そこにかえしてほしい。 ...
  • 私は与志殿の死に立会った者として、その立派なご最期に深い感銘を受けたことを申上げなければなりません。 ...
  • したがって、これは尋常のご最期ではございません。 ...
  • 大佐殿らしい、ご最期だと思いました。 ...
  • 尊師のご最期が近いとは思いませんが、俗世に別れをお告げになる、その仕方が、まったく独特なものです。 ...
  • でも、どんなご最期だったか見届けるだけは見届けなければなりませんけれども、それにはできるだけこっそりと運ばなければなりません。 ...
  • その大きな矛盾が、結局、伯爵のあの悲劇的なご最期を生んだのだと思ひますけれども、社長はどうお考へになりますかしら?
  • 「さすがは殿のご最期、沈着でござりました」 暗い竹林の中に、僅か数人の者に見守られて、父はその一生を終えたのかと思うと、さすがに玉子は涙をとどめることができなかった。
  • 「では、お兄いさまが、どこで、どのようにご最期をとげたかもわかりませんのじゃな」 すると、少年僧は急に元気づいて、活発に陳述いたしました。 ...
  • 手引きしていただいたおかげで、院のご最期に参り合わせることもでき、もはや思い残すことはありませぬ。
  • ご最期は二月の十日でござんした。 ...
  • 次郎衛様のご最期についちゃ、あつしは存じ上げません。 ...
  • 私ァ、吉村さんのご最期を、いってえどうお伝えしたらいいもんかって、足らねえ頭をひねりながら歩ったもんです。 ...
  • そのたびに、 「すわ、ご最期か」 院中こぞってあわて惑うのだが、よほど芯がお強いのか息を吹き返して、秋をすぎ冬を越し、とうとう文永九年の正月を迎えてしまった。 ...
  • 「若君、いよいよご最期さいごとおぼしめせ」 小幡民部こばたみんぶが、天をあおいでこういった。 ...
  • おん身のご最期を、見とどけましたぞ! ...
  • 次へ