ご存じないかもしれ

17 の例文 (0.00 秒)
  • あなたはご存じないかもしれないけど、財界では伝説的な人物だわ。 ...
  • 衰微期になるまえ女が妊娠するのがどんなにろくでもないことか、あまりご存じないかもしれないわね。 ...
  • 令さまはご存じないかもしれませんが、それまでにスールを作って紹介するなんて無謀むぼうな約束を、由乃さんはしてしまったんです。 ...
  • そこでわたしはこう説明してやった、旅行する時は誰でも着替えを持ち歩くのが普通なんだよ、きみはご存じないかもしれないがね。 ...
  • みなさん、あなた方はご存じないかもしれないけど、あなた方は僕を苦しめているわけですよ! ...
  • あなたがたはまだご存じないかもしれませんが、筆跡から人の年齢ねんれいを推定するのは、その道の専門家になるとかなり正確な結果が出るものです。 ...
  • ですが、ご承知の通り、いやご存じないかもしれませんが、人を殺す瞬間を待つ者は、いつでも、低いうめき声が聞こえるような気がするものなのです。 ...
  • でもねえ、あの手のホテルというのは、清廉潔白な沢地さんならあまりご存じないかもしれませんが、あ、いや、僕もよくは知りませんが、聞くところによると、あまり客の顔をじろじろ見ないようにしつけられているそうですよ。 ...
  • あなたはここのところ毎度はやばやと二階のご自分の部屋へ引きあげておしまいになるし、きのうはまたまるっきりどこへもお出でになりませんでしたから、ご存じないかもしれませんが、旦那さまはこの頃急に念入りに夜の戸じまりをなさるようになったんでございます。 ...
  • 忍法小説はおろか山田風太郎作品に初めて接するという読者も多いと推測するし、あるいは「くノ一」が女忍者を指す隠語だということをご存じないかもしれない。 ...
  • 「おじさまはご存じないかもしれないけれど、お正月のときも、わたしがホテルまで一緒にいったのです」 あの日、伊織は強引に霞を求めたが、そのあいだもかおりはロビーで待っていたというのか。 ...
  • ご存じないかもしれないが、ムジコードはシティのこっちがわで最大大手の二十四時間営業の楽器店で、アーバー地区の貧乏人の飢えた夢と同じだけ、シティの中心に住むお金持ちをひきつけた。 ...
  • 勇介様はテーブルマナーはご存じないかもしれませんが、ソースも、スープの一滴も残さず、お召し上がりになりました。 ...
  • 熊田先生は、まだお若くってご存じないかもしれませんが、東京の事件は、たかが殺しったって、山の手から下町まで網羅もうらしてありますから、奥が深いんざんすよ。 ...
  • もともと、彼は、小田原先生の弟子で、ご存じないかもしれないけれど、小田原長治といえば、それはもう素晴らしい数学者だったの。 ...
  • 「ひょっとして朝比奈さんはご存じないかもしれませんけど、元日に、あそこでウチのお客さんが死体となって発見されたんですのよ」 「ええ、それは平田から聞いています」 「あら、ご存じだったら、少しは気を遣ってくれませんかしら」 伸江は語調を強めた。