ご冗談でしょう

17 の例文 (0.00 秒)
  • ご冗談でしょう!
  • ご冗談でしょう。
  • 「ご冗談でしょう、もちろん」と三人がいった。 ...
  • ご、ご冗談でしょう!? ...
  • 「ご冗談でしょう」答えながら、こめかみが小さく痙攣する。 ...
  • は、は、ご冗談でしょう!
  • ご冗談でしょう、入須先輩。 ...
  • この文化は物理学者リチャード・P・ファインマンのカリフォルニア工科大学での卒業式式辞で言及され、また彼の著書『ご冗談でしょう、ファインマンさん』に収録されたことでも知られる。 ...
  • ご冗談でしょう、ウィンストンさん。 ...
  • 「われわれがいま必要としているものは、ハレムの寵姫ちょうきと、棕櫚しゅろの葉の扇をもった数名の黒人と、爪弾きの音楽といったものだ」 「ご冗談でしょう、ヴァンスさん」ヒースは新しく葉巻シガーに火をつけた。 ...
  • また、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』などユーモラスな逸話集も好評を博している。 ...
  • 「このままでペンキを塗り直せば、充分に使えそうじゃないの」 「ご冗談でしょう」 とリアルエステイトマンは苦笑した。
  • 「実は、離婚するんだ」 「まさか、ご冗談でしょう」 「こんなこと、嘘をついたって仕方がない」 霞はしげしげと伊織を見て、 「どうして、そんなことをなさるのですか」 「どうしてって、うまくいかないからさ」 「おやめなさい」 霞は持っていたグラスをテーブルにおくと、きっぱりした口調でいった。 ...
  • 「先日は、おきれいな方をお連れになって、おのろけですか」 「わしは色事には、とんとうといほうでな」 「ご冗談でしょう」 「いや、冗談ではない」 女にれられた、と思ったのはせんがはじめてだった。 ...
  • 「これなんかお似合ですよ、ちょっと着こなしのむずかしい品ですが、お客さまは顔もスタイルもおよろしいですから」 「高いね」 「ご冗談でしょう、この品物でこの値段でしたら、売り手の一方的な犠牲ってものですよ」 「先月は二〇マルク安かったと思うけど」 これはむろんうそである。 ...
  • ノーベル物理学者のリチャード・ファインマンの1985年の著書『ご冗談でしょう、ファインマンさん』でも、リリーとの親交とタンクでの幻覚体験が取り上げられている。 ...