ごく近しい

13 の用例 (0.00 秒)
  • そしてその王は、リアルでもごく近しい人間なのではないか。 川原礫『アクセル・ワールド 12 -赤の紋章-』より引用
  • 雄次が罪をかぶってまで守ろうとするごく近しい人物は、浩一と幸代だけだろう。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • 須郷は昔から結城家にごく近しい人間であり、事実上のアスナの婚約者でもあったわけだ。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 調査の成果が実った時、ごく近しい人間が殺人犯人として名指される公算が大きいことは承知しているはずだろうに。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 密葬とは、死者の家族やごく近しい親類・友人のみで小規模に行われる葬儀のこと。
  • ただし障害の程度によってはごく近しい人間は識別できているケースもあり、事例によりかなり差異がある。
  • 一座の多くが、ごく近しい血縁者で構成されている。
  • 結局、このおばさんがこの一件を簡単にさばいてしまったのはなんなのかというと、おばさんが磯村くんとは〝ごく近しい他人〟だったという、ただそれだけの話でした。 橋本治『無花果少年と瓜売小僧(桃尻娘4)』より引用
  • 手紙はまったく私的な根拠に立ちしかも相手あってのものだから、相手がごく近しい肉親、友達、恋人、妻、といった場合には、作品のような公的な舞台では見せられない素顔を垣間見せることがある。 福永武彦『第五随筆集 書物の心』より引用
  • それ故に、村人達の憎しみと恋情はごく近しいものとなる。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • とりわけ、報道機関に伏せられた〈犯人しか知りえない事情〉をあれだけスラスラと供述できるということは、雄次自身が犯人か、もしくは雄次のごく近しい人物が犯人で犯行の模様を打ち明けられたか、のいずれかだという命題は、突き崩すことが極めて困難である。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • そこで故人のごく近しい者だけが集まって、この名琅荘で法要をいとなみたいが、それについて下相談をしたいから、週末の休養をかねてお集まり願えないかというのが、こんどの招待の主旨で、奥村君がわれわれの間を奔走してくれたんです。 横溝正史『金田一耕助ファイル08 迷路荘の惨劇 v0.9』より引用
  • そしてその仕事は、妖精や小人や神獣たちとごくちかしい間柄にあるケルト人やチュートン人など「野蛮な」民族のイマジネーションが、やがて引き受けることになるだろう。 荒俣宏『別世界通信』より引用