こんな重いもの

9 の用例 (0.00 秒)
  • なぜこんな重いものを僕はスーツケースに入れようとしているのだろう。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 少し前、自分はこんな重いものを抱えてあの町を歩いていたのだ。 乙一『暗黒童話』より引用
  • こんな重いものを立ち話している間平然と持ち上げていられるんだ、男の人は。 今野緒雪『マリア様がみてる 22 未来の白地図』より引用
  • こんな重いものをふたつもどうして春子は持ち出せたのだろう。 原登『村 の 名 前』より引用
  • 僕たちは、こんな重いものが、地面を走るというだけでも信じられないのに、マンはそれを思いのままに乗りこなしてしまう。 川又千秋『邪火神』より引用
  • こんな重いもの、いったいだれが? 小野不由美『悪霊シリーズ 2 悪霊がホントにいっぱい!』より引用
  • たしかにこんな重いもの、今にも敵軍が押しよせて、全員が何一つ持たずに敗走しなければならないときには、実際どうしようもなかったであろう。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 捨てきれずに持ち帰り、「もう二度とこんな重いものを持って行くのはコリゴリ」といいながら、また丁寧に洗って流しの下にしまいこむことになる。 東海林さだお『タコの丸かじり』より引用
  • 遠野くん、わたしこんな重いものもてないわ! 奈須きのこ『月姫 遠い葦切(秋葉・ノーマルエンド)』より引用