こんくりーと

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • まるで腕でコンクリートの壁でも打ち抜かねばならないような気がした。 ...
  • 広い改正道路へ出る手前に新しく架けられたコンクリートの橋があった。 ...
  • 私は壁のコンクリートが床よりも新しいものであることに気がついた。 ...
  • 人影は山荘の下から巻揚装置のコンクリートの壁に沿って動いていった。 ...
  • コンクリートの床の上に何か鉄の棒のような物が一本置かれていた。 ...
  • 機械をおくコンクリートの座などが、まだ壁のない建物の間に見えました。 ...
  • そして前方には細いコンクリートの道路が幾マイルにもわたって伸びている。 ...
  • 気がついた時、わしは空港コンコースのコンクリートの上に倒れていた。 ...
  • そのあとに、ぼくは、コンクリートのかたまり縄片なわぎれなどと一緒に残っていた。 ...
  • 扉の前のコンクリートから地面へかけて、真白なものが点々としていた。 ...
  • コンクリートの機械室の上の床も、まわりのくいも炎を上げて燃えていた。 ...
  • 有楽町駅のコンクリートの上に寝そべつてゐる女を見かけたことがある。 ...
  • 線路をはさんだ向こう側にも、もうひとつコンクリートのホームがある。 ...
  • 見る間に裸体の方が、コンクリートの床の上に叩きつけられてしまった。 ...
  • 今度は彼女が裕生の手を引いて、コンクリートの柱をすり抜けていった。 ...
  • コンクリートで囲まれた駐車場には、テレビ室にいた男たちが集まっていた。 ...
  • それでは、あのコンクリートの壁は以前なかったものだと考えてみる。 ...