こんいろ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 年は私より二つ三つ下で、紺色の服をきて帽子もやはり同じ色でした。 ...
  • 白の稽古着に黒もしくは紺色の馬乗袴を着用することが決められている。 ...
  • 紺色の制服の人間が、そちらからも何人か足早に歩いてくるのが見えた。 ...
  • 運転席のドアが開き、紺色の制服を着た四十歳くらいの男が降りて来た。 ...
  • 紺色に変わりつつある反対側の空には、いつしかおぼろな月が浮かんでいた。 ...
  • 左右の鰓蓋の上部に突出した皮弁があり、その部分が紺色になっている。 ...
  • 運転関係社員は前述の男性用制服と同じ紺色の制服を着用する。 ...
  • ベージュの車が到着し、竜介たちが乗って来た紺色の車の後ろに停車した。 ...
  • 目をつぶりそうになったとき、横からでかい紺色の影がふたつ出現した。 ...
  • 車体塗装は白色地とし、窓下に濃い紺色帯を3本入れた塗装としている。 ...
  • 窓の外は紺色で、ガラス窓に私たち三人の姿がぼんやり映っていた。 ...
  • 上の家から小柄な女が出てきて、迎えに来た紺色の車に乗りこむのが見えた。 ...
  • そこには、ダイヤのネックレスを入れた紺色の細長い箱が置かれている。 ...
  • 紺色は制服らしいスカートで、頭の方には同じ制服の上着をかぶっていた。 ...
  • いつでも同じ紺色の浴衣ゆかたを着て、冬はその上から古いジャンパーを着る。 ...
  • この町のどこかの学校で、紺色の夏服を採用しているところがあるのだろうか。 ...
  • 一点の紅い光が尾を引いて紺色の空へのぼり、炸裂するのを私は見ました。