これを制止

40 の用例 (0.00 秒)
  • 州兵がこれを制止することは不可能で、電話で警察を呼んだ。
  • 判士長がこれを制止しなかったことが、のちに批判を受けた。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 軍が天皇を担いでクーデターを起こしても、政府がこれを制止鎮圧する術はなかったのである。
  • これらの港は当初日本船の入港指定地に過ぎなかったが、やがて多数の日本人が住み着くようになり、朝鮮政府はこれを制止できなかった。
  • ことの起りは軍人が交通信号を無視し、これを制止した巡査と抗争になり、それが、子どもの喧嘩けんかに親がついた形に発展して、軍隊と警察との対立になった。 池田弥三郎『手紙のたのしみ』より引用
  • その頃に強大化したセゲダ市が周辺の町を圧迫し、町に城壁を築きはじめると、ローマは前の条約を理由にこれを制止しようとした。
  • 僧は女郎花の花を一本、土産に手折ろうとすると花守なる老人が現れ、これを制止する。
  • 当初は無論実用の鉾を持って、もし行列を犯すものでもあればこれを制止し、反抗でもすれば実際にこれを突き殺すくらいの覚悟を持っていたものであったに相違ない。 喜田貞吉『放免考』より引用
  • それにもかかわらず翌3日、居留民家屋に南軍兵士が侵入してきたので、これを制止しようとするや却って発砲した。
  • 第五に、数回回転の後は、手も身体もともに動揺するの習慣性を生じて、これを制止せんと欲するも、たやすく制止すべからざるの事情あり。 井上円了『妖怪玄談』より引用
  • 節五に、数回回転の後は、手も身体もともに動揺するの習慣性を生じて、これを制止せんと欲するも、たやすく制止すべからざるの事情あり。 井上円了『妖怪学』より引用
  • あるひは子供を叱り戒めてこれを制止する者あれば、かへりて祟りを受け病むことありといへり。 柳田国男『遠野物語 付・遠野物語拾遺』より引用
  • ダニエルは自分を止めるための嘘だと思い、家を出ていこうとするが、これを制止したブリーにマシューは銃口を向けてしまう。
  • 大砲方を含む総勢数百名余の隊列が、道幅の広くない三宮神社付近を通りかかった時、フランス人水兵数名が列を横切ろうとし、これを制止しようとする藩兵との間で小競り合いになった。
  • あるいは子供をしかり戒めてこれを制止する者あれば、かえりてたたりを受け病むことありといえり。 柳田国男『遠野物語』より引用
  • 大野治長にしても、これを制止する理由がない。 池波正太郎『火の国の城 下』より引用
  • この事に怒ったパーンダヴァは、アシュヴァッターマンを殺そうとしたが、ヴィヤーサはこれを制止してこう言った。
  • 石川はこれを制止しようとしたが、硬派は従わず、「無政府主義万歳」などと絶叫しながら錦輝館を飛び出した。
  • マッキンダーは第一次世界大戦を基本的にユーラシア大陸の心臓部を制覇しようとするランドパワーと、これを制止しようとする海島国の連合およびフランスやイタリア等の半島国、言い換えればつまりシーパワー、との間の死活をかけた闘争であると見た。
  • これに乗じて城兵は、城外へ押し出して敵を追跡し、これを殲滅しようとしたけれど、伏兵のおそれありとなし、謙信はこれを制止した。 佐藤垢石『老狸伝』より引用
  • 次へ »

これを制止 の使われ方