これは恐らく

126 の用例 (0.00 秒)
  • これは恐らく死者が死後の世界を旅するための船であると推定される。
  • これは恐らく支配階層の神聖性を補強するために用いられたのであろう。
  • これは恐らく支那を歩いている間、誰の胸をも離れない感懐だろうと思う。 上村松園『中支遊記』より引用
  • 使用感のある机はひとつだけで、これは恐らく祖父が用いているものでしょう。 田中ロミオ『人類は衰退しました 01』より引用
  • これは恐らくクリックのラテン語の成績があまり良くなかったためである。
  • これは恐らく、ある人間を評価する場合、最も痛烈な表現の一つであろう。 鈴木明『リリー・マルレーンを聴いたことがありますか』より引用
  • これはおそらく、博士夫妻のほかに知った人間は、兄が最初だったことでしょう。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • これは恐らくギリシアの伝記作者の「空白恐怖」によって説明されうる。
  • これは恐らく、京都の妻女へ送る消息でも、したためていたものであろう。 芥川竜之介『或日の大石内蔵助』より引用
  • これは恐らく両宗教の根本信条の相違から来ているのである。 小林秀雄『モオツァルト・無常という事』より引用
  • これは恐らく彼がかんでいるとは思っていたがね。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『01 アンクルから来た男』より引用
  • これは恐らく、ある特定のサーバとの互換性を維持するための工夫である。
  • これは恐らく一生に一度の体験になるにちがいない。 東海林さだお『東京ブチブチ日記』より引用
  • これは恐らくこの種の時計の初めてのものであり、針は時刻を表示するためのもののみが付けられていた。
  • これは恐らく数多くの経験の帰納されたことなのでしょう。 池田弥三郎『手紙のたのしみ』より引用
  • これは恐らく過去にNGC 4027の中で起きた銀河の衝突のためである。
  • これは恐らくこの博士が、自身に何回となく変相をした経験があるせいでは御座いますまいか。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • これは恐らく銃声に驚きねぐらから飛び立った多数の鳥の騒ぎが記録されているのだ。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • これは恐らく、情報屋としての職業病のようなものなのだろう。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • しかし、これは恐らく味の上からではなく、一種の嗜好からきているのではあるまいか。 佐藤垢石『季節の味』より引用
  • 次へ »