これは後で

49 の用例 (0.00 秒)
  • これは後で間接に聞いたことであるが、実は父と相談して僕を説得しに来たのだったそうだ。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • これは後で知ったことだが、実は菅原氏もひとつの思いちがいをしていたのである。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • これは後で考えたことだが、この男の子は生きていて大きくなったら、しっかりした人間になると思った。 佐木隆三『深川通り魔殺人事件』より引用
  • これはあとで芥川君が云つたといふのを伝へ聞いたが、鰯の塩焼を食はされたと云つてゐたといふ。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • これは後でそのまま現実となって再現されたものだ。 高橋克彦『幻少女』より引用
  • これは後で話しておかなくてはいけない。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第5巻 大魔術教団の謎(上)』より引用
  • これは後で知ったことだが、主人は小説を書く前、長いこと公共放送の学校放送の台本を担当して生計をたてていた。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • これは後で確認する必要があった。 森村誠一『高層の死角』より引用
  • キズものもあるので、これは後で整理することにする。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • ちなみにこれは後で聞いた話だが、あの信長のぶながのアホといっしょに写っていた女の人はどうもこのメイドカフェを経営けいえいしている社長さんだったとか。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • しかし、姫路藩主の厚遇こうぐうを得ているだけと、これは後で武蔵さま御自身から伺いました。 五味康祐『刺客(せっかく)』より引用
  • しかしこれは後で建てたものらしい。 穂積陳重『法窓夜話』より引用
  • この不思議な盆栽文化は、植物に限る話ではありませんが、これは後で触れることにしましょう。 李御寧『「縮み」志向の日本人』より引用
  • これは後で知ったことだが、ヒン・アプトルは彼の偉大な勇気と力量を示す証拠として、それをここに展示させているのであった。 バローズ『火星シリーズ10 火星の古代帝国』より引用
  • むろん、これは後でもどって来て、わたしを救出できると確信した場合にのみ、とられる処置だ。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用
  • これは後で思い当たったのだけれども、そういうことのできる者であれば、他人からの伝言を同じような声と調子で伝えるのも、そうむつかしいことではないのではあるまいか。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • ところで、これは後で私が椿正枝から聞いた話だが、別所はつまらないことを気に病んでいた。 豊島与志雄『椿の花の赤』より引用
  • これは後でオペレーターにお確かめになるとよろしいでしょう。 森村誠一『高層の死角』より引用
  • これは後で清さんから聞いた話だが、この日、朝から次郎は大どこの得意先から役所関係と飛び歩き、留守中のことをくれぐれもと頼んでまわっていたという。 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』より引用
  • ただしルイ博士の設計図では、三日月形の刃が使われているが、これは後であまり好ましくないことが判明し、傾斜のついた刃に変更された。 桐生操『美しき拷問の本』より引用
  • 次へ »