これは南北戦争

29 の用例 (0.00 秒)
  • これは南北戦争の間に南軍が落としたことでは北部最大の都市であった。
  • これは南北戦争以前に初めてアフリカ系アメリカ人が設立した町である。
  • これは南北戦争の中でもこの規模の戦闘で最も一方的な結果だった。
  • これは南北戦争前の比率と同じだったが、事実上は選挙権が無かった。
  • これは南北戦争全体でも単一の戦闘で歩兵連隊の受けた最大の戦死数となった。
  • これは南北戦争の残り期間を考えてもリーが指揮した軍隊としては最大のものとなった。
  • これは南北戦争の間にインディアナ州で起こった唯一の戦闘である。
  • これは南北戦争でも最も北で行われた戦闘になった。
  • これは南北戦争でも最大の同時大量攻撃だと言われている。
  • これは南北戦争の中でも側面から側面まで一つの連続した前線に全軍が配置されたことでは希な例だった。
  • これは南北戦争の終戦に向かっていた時だけに、北軍にとって重要な海戦となった。
  • これは南北戦争以前のアメリカ南部にしか当てはめられない。
  • これは南北戦争の中でもグラントの最大の偉業と考えられており、また軍事史の中の古典的作戦でも最大のものと見られている。
  • これは南北戦争の中で北軍最大の降伏となった。
  • これは南北戦争の北軍では初めての意義有る勝利だった。
  • これは南北戦争で北軍の一員だったことの名残である。
  • 同時に、これは南北戦争後の再統一を果たし国際的な影響力をつけてきたアメリカ合衆国に対して、イギリス本国がベネズエラと同様に強硬な姿勢を示すことを隣国のカナダ自治領が期待する意図も含まれていたとされている。
  • ゲティスバーグ方面作戦の間に、アーリーの師団がペンシルベニア州ヨーク市を占領したが、これは南北戦争の間に南軍が落としたことでは北部最大の都市であった。
  • これは南北戦争における最初の銃火であった。
  • ロバート・E・リーの軍の降伏の後のさまざまな出来事の中にあっては、無視されがちな事件であるが、これは南北戦争における最後の武力衝突と位置づけられている。
  • 次へ »