こみあげてくる怒り

17 の例文 (0.00 秒)
  • それはいかにも、こみあげてくる怒りをおさえているような表情だった。 ...
  • 原田雅実はとつぜんこみあげてくる怒りを制することが出来なくなった。 ...
  • こみあげてくるいかりのためにおれは思わずその辞書に向かって低く一声うなった。 ...
  • やにわに滝はこみあげてくる怒りを感じ、良の頬を平手で撲った。 ...
  • 彼女は、はじめは首を横に振っていたが、やがて、こみあげてくる怒りにたえられなくなり叫んだ。 ...
  • 「いずれわかるさ」こみあげてくる怒りを抑えて、ブラウンロウ氏はいった。 ...
  • こみあげてくる怒りでくちびるが動かない。 ...
  • 自分がおかそうとしている罪の怖ろしさに顔色をうしなったかとおもうと、こみあげてくる怒りに眼の色がまっ赤になったりした。 ...
  • こみあげてくる怒りは、だけど、自由を奪われているがゆえにどこにも行けず、石のようにおれの中で凝り固まりはじめた。 ...
  • 夕子はこみあげてくる怒りとともにいった。
  • こみあげてくる怒りで、比奈子の体は熱くなっていた。 ...
  • お紋はゾーッと全身に鳥膚が立つような恐怖をおぼえたが、とともに、腹の底からむらむらとこみあげてくる怒りをおぼえた。 ...
  • 「艦長」と、私はこみあげてくる怒りをおさえながら、言った。 ...
  • だが、残念ながら前へ進むにつれて、こみあげてくる怒りのために目がくらみ、かねて用意してあった堂々とした挑戦の言葉はどこへやら、口をついて出て来るのは粗野な人柄を示す言葉ばかりで、それに伴う荒々しい動作であった。 ...
  • 自分の思いあがりが強過ぎただけ、胸をかむ屈辱の思いは強く、屈辱の思いが強ければ強いだけ、こみあげてくる怒りのかたまりを、おさえることができなかった。 ...
  • 身内に湧き返り、胃袋を焼き、嘔吐のように喉の奥にこみあげてくる怒りを鎮めようとして、クリフォードの声は囁くように低くなった。 ...