この醜い

61 の用例 (0.00 秒)
  • この醜い現代に存在する物の、それが秘密の姿だということが出来ましょう。 ジェイムズ・ブリッシュ『02 宇宙大作戦 No2』より引用
  • それでも建築家たちはどうにかしてこの醜い赤はだかを隠そうとした。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • この醜い怪物を見かけたときの私たちの恐怖はたいへんなものでございました。 ポー/八木敏雄訳『ポオのSF 第1巻』より引用
  • 彼はすべてのこのみにくい秘密は、世俗的の錯覚に過ぎないことを考えた。 ホーソーン・ナサニエル『世界怪談名作集』より引用
  • この醜い女が大げさにふるまうとただでさえ醜い顔がもっとひどくなった。
  • 彼は決してわたしを、この醜いからだにとじこめておくはずがない。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用
  • みんなが、この醜怪とも見えるような松葉杖の男を愛しているように思われた。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • しかしこの醜い見かけの下には非常な善良さが隠れていた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 自分はこの醜い男以下かもしれない、という考えが脳をかすめた。 田中哲弥『大久保町は燃えているか』より引用
  • して見ると、私が戦ったのはこの醜い鼻のせいではなく、あなたのお美しさを守るためだったわけです。 ロスタン/岩瀬孝訳『シラノ・ド・ベルジュラック』より引用
  • この醜怪な動物が反抗する時には、いわば補助の制御方法がある。 バローズ『火星シリーズ10 火星の古代帝国』より引用
  • 危害を隠しているこの醜いものを殺して英雄になり度い気持ちがこどもに強く湧いた。 岡本かの子『百喩経』より引用
  • この醜怪な、驕慢な孔雀の羽を頭につけた鶏のやうな女王であつた。 坂口安吾『老嫗面』より引用
  • 隊商の族長は、この醜い若者はかなりの理由わけありにちがいないとてとりました。 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用
  • 私はこの醜さ、この惨めさの中に蹲っているように思われる。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 社会というものも、この醜い人間たちの集まりなのである。 森博嗣『G 07 目薬αで殺菌します』より引用
  • このみにくい声が、自分のものだとは、真山は信じたくなかった。 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • 恋人ができたら、女友達より恋人を優先するのは当然、と一度は納得したはずなのに、心の中に湧き上がったこの醜い感情は何なのだ。 新津きよみ『女友達』より引用
  • では、どうすればこの醜いすがたが改められるか。 岸田国士『青年の矜りと嗜み』より引用
  • 源氏は、この醜い姫をあわれんで、生活の面倒をよく見た。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 次へ »