この汚らしい

6 の用例 (0.00 秒)
  • 彼がこの汚らしい仕事の、直接的責任者だったかどうかは知らないが、とにかく当時、米軍の一切の軍事行動の最高責任者だった。 小松左京『復活の日』より引用
  • また、わたしは台地から降りるとき教授の荷物で手を焼いたことも話したはずだし、もし帰り旅のことを詳しく書いたとしたら、この汚らしい道連れの旺盛な食欲をみたすために腐った魚を手に入れなければならなかった苦労話にも当然触れていたことだろう。 ドイル/永井淳訳『失われた世界』より引用
  • ぼくはとんでもないこの汚らしいドライブインで心ゆくまでインドの根源を満喫していた。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • その他の者は、両手をたたいて頭を地面へすりつけるなどして、この汚らしい王様への追従を大げさに示した。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • この汚らしい屋根の彼方かなたは、士官学校門前の通に立っている二階家の裏側で、汚い洗濯物や古毛布や赤児のおしめが干してある間から、絶えずミシンの音やら印刷機の響が聞える。 永井荷風『つゆのあとさき』より引用
  • 「両方とも、ただちに道をあけるんだ」 「この汚らしい豚野郎たちがレンバーさんを殺しちまったんですよ」ラバスが言い返した。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用