この家の周囲

13 の用例 (0.00 秒)
  • この家の周囲は畑に続いていたはずだ。 平岩弓枝『江戸の娘』より引用
  • 前にも、この家の周囲に、人の気配けはいを感じたことがあるが、あれは気のせいではなかったのだ。 赤川次郎『失われた少女』より引用
  • おそらくこの家の周囲にも、今、公安警察が張り込んでいるだろう。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • この家の周囲には75匹の眷属が遊んでおり、正体は雌のイタチだともいう。
  • この家の周囲には、雪に蔽われた田圃と畑とが、荒寥としてひろがっていた。 下村千秋『飢餓地帯を歩く』より引用
  • なのに、この家の周囲半キロくらいの木々は、すべておかしい。 新井素子『グリーン・レクイエム』より引用
  • 「最近、この家の周囲で見慣れない顔の学生を見かけた、という話はあるんですが」と、警部の部下が小声で報告している。 宮部みゆき『龍は眠る』より引用
  • 瞬間、血走った眼が部屋の中を見廻したが、どうせこの家の周囲まわり十重二十重とえはたえであろうと思うと、かれは、起とうとした膝をしずめて、眼のまえのお妙を見た。 林不忘『魔像』より引用
  • わしは、草地とこの家の周囲に、タンダが残した呪具の残骸ざんがいをつかって結界を張ってきた。 上橋菜穂子『守り人シリーズ03 夢の守り人』より引用
  • 狭い路地口には真黒い警官がつめかけていて、この家の周囲まわりありの這い出るすきもないくらい厳重にとりかこまれているようである。 夢野久作『冥土行進曲』より引用
  • T型フォードのセダン車が一台と、二輪車のトレーラーとが、この仮小屋のわきにおいてあり、そしてこの家の周囲には、だらけた絶望の感じがたれこめていた。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • 妙に人の心を沈めて、そのくせ神経をイライラさせるような低気圧が、この家の周囲に覆いかぶさっていたのか、それとも、この室内の空気がら、おのずからそういう悪気をはらみ出したのか、それは知れません。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 小川山しょうせんざんの妖怪ござんなれと、右から左へ、左から右へ取って返して、小宮山はこの家の周囲まわりをぐるぐると廻ってうかがいましたが、あえて要害を見るには当らぬ。 泉鏡花『湯女の魂』より引用