この大作

60 の用例 (0.00 秒)
  • この大作映画を少しでもよくしようという思いに私は感動していた。 内館牧子『愛してると言わせて』より引用
  • 春と夏と秋をっ通して、ネルロはこの大作の完成に余念がありませんでした。 ド・ラ・ラメー・マリー・ルイーズ『フランダースの犬』より引用
  • この大作を死ぬまでにふたたび読了できるかどうかは、もはや問題ではなかった。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • 江藤氏はもとより、たまたま思いついてこの大作の構想をえたのではない。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • 丹青会はこうして、この大作に低徊ていかいする多くの観覧者に便利を与えた。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • モネは死の直前までこの大作に筆を入れ続けた。
  • 小説が下手くそだったら、この大作を、読者は一気に読みとおすわけにはいかないのだ。 クロフツ/田村隆一訳『樽』より引用
  • そうして、まあまあ、十年もかかって、一つの小説に十年もかけて、この大作を書き上げたんですねえ。 淀川長治『私の映画の部屋』より引用
  • むしろ、この大作のための下絵の方が、この作の裏の部屋のなかにあるために、そちらの方が優遇されている感さえあったのである。 堀田善衞『スペインの沈黙』より引用
  • この大作は私の修業としてはなかなかためになりましたと同時に、また一面には、こうした作をやったことなどから次第に外国向きの注文を多く師匠の店で引き受ける素地を作ったことになりました。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • その後一年あまりしてやってくる彼の死が、この大作を未完のままで終わらせたが、三七年の死の三週間ほど前に作者が語ったところによれば、これを整理、補充したのち、一年ぐらいのあいだに完成する予定だったという。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • モネが1923年にしぶしぶ白内障の手術を受けたのは、この大作を完成させるためだったという。
  • この大作が出て三年めに、ヘッセがノーベル賞を受けたため、いわばノーベル文学賞作品として有名になったけれど、きわめて高度な哲学的な芸術的な作品であって、大衆的な作品ではない。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • ところが、この大作は思わぬ波紋を引き起こすことになった。
  • まずこの大作は、一九三七年のパリ万国博覧会に際して、スペイン共和国政府館のために壁画を描くようにと、共和国政府ヽヽヽヽヽからピカソが依頼されて描かれたものであった。 堀田善衞『スペインの沈黙』より引用
  • この大作は1924年にアメリカ合衆国のシカゴ美術館が手に入れ、以後常設展示されている。
  • スタンダールは一八三六年から一八三九年まで、休暇をえてパリにもどっていたが、その最後の年の暮に、わずか五十二日間でこの大作を書きあげた。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • 当初この大作は、現実と強く結びついていた。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • ドイツ軍によるスペインの小都市ゲルニカの無差別爆撃を憤ってピカソが制作したこの大作は、墨色を基調とした怒りと悲しみの表現で、志功を深く感動させた。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • この大作は一九三九年にベストセラーのトップにおどり上がり、オリジナル版だけでも五十万部以上を売りつくしたばかりか、彼としては初めてピューリツァー賞を贈られたのである。 スタインベック/龍口直太郎訳『赤い小馬』より引用
  • 次へ »