この墓所

34 の用例 (0.00 秒)
  • 史織さんが田波氏を追ってきたとき、この墓所には誰もいなかったんだぞ。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • この墓所は文化大革命期に破壊されたが、後1979年に修復された。
  • 新選組に暗殺された高台寺党の四人も、初めはこの墓所に埋められた。 中村彰彦『恋形見』より引用
  • 夫のビロンはすでに1800年に死んでおり、この墓所に安置されていた。
  • なんてったって自分とこの墓所に埋まっていたミイラなんだからな。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • この墓所は昭和九年四月、京大阿武山地震観測所の施設工事中に発見された。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 02』より引用
  • 圓教寺の案内図などにある松平家廟所というのはこの墓所を指していると思われる。
  • そして多くの者たちが、この墓所の扉の前で死んだ。 R・E・ハワード『狂戦士コナン』より引用
  • この墓所は、2世紀の地理学者パウサニアスによっても描かれている。
  • 若先生がこの墓所に決められたのだ。 宮部みゆき『孤宿の人 (下)』より引用
  • 本多政均の遺体は、その死から十日を経た明治二年八月十七日、この墓所に葬られた。 中村彰彦『明治忠臣蔵』より引用
  • この墓所は、ガンダ族にとっての伝統的な拠り所となっている。
  • この墓所の件について先ほど美鳥と美魚に質問してみた際の、彼女たちの返答の中にも、気懸かりな言葉がいくつもあった。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • その花崗岩の扉が開いていたので、ガーネムはこの墓所トウルバーの中にはいって、眠ろうとして横になりました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • だって、おれたちは夕方、この墓所トウルバーの戸をあけっ放しにしておいたのに、今ではしまっていて、内からぴったりと鍵がかかっているぜ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • そして、この墓所は約70年間利用されていた。
  • この墓所トウルバーは、ちょうど建物の内側に植えられた、たった一本の棕櫚の木の、蔭になっておりました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • この墓所のあるマクペラの洞穴は、ユダヤ教だけでなくイスラームでも聖所とされており、建物の内部で二分されている。
  • この墓所のなかではヨルダだけが生あるものであり、ローブの放つ淡い輝きは、その命のあかしであるかのようにも見えた。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • もし今この墓所トウルバーの中に誰かいるとすれば、そいつは、おれたちの灯光あかりが近づいて来るのを見て、胆っ玉を潰して、この棕櫚の木のいちばんてっぺんまでかけ上がっちまったにちがいないぜ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • 次へ »