この地所

36 の用例 (0.00 秒)
  • この地所が君のものなら、勝手に君のものにしたらいいじゃないか。 チェーホフ・アントン『ワーニャ伯父さん』より引用
  • 狩猟鳥を飼っておく森のために、お父さまがこの地所を購入されたのであった。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』より引用
  • 第二次世界大戦の間は、この地所はドイツ軍に占拠され、荒らされた。
  • 今の今まで僕は、愚か千万にも、この地所はソーニャのものと思っていましたよ。 チェーホフ・アントン『ワーニャ伯父さん』より引用
  • 父は母がしつこくねだったのに負けて、この地所を買ったのを後悔していたのである。 アポリネール/須賀慣訳『若きドンジュアンの冒険』より引用
  • この地所に住むものは、教会の行事に、いつもきちんと参加する。 ハドスン/水嶋正路訳『ある羊飼いの一生』より引用
  • それがおらとこの地所のうちでな。 半村良『赤い酒場』より引用
  • この地所は竜谷寺のもので、むかしは寺の菜園だったのだそうな。 池波正太郎『剣客商売 17 番外編 黒白 上』より引用
  • この事件じけんがあってから一週間後しゅうかんごに、この地所じしょ持主もちぬしは、おばさんにここをしました。 ロフティング『ドリトル先生物語04巻 ドリトル先生のサーカス』より引用
  • この地所じしょは、あのおかのふもとの、赤い屋根やねの、小さな家にんでいる、お百姓ひやくしょうさんのものです。 ロフティング『ドリトル先生物語04巻 ドリトル先生のサーカス』より引用
  • そこでこの地所を広げると、ドルドレヒトの望遠鏡は一切無視できる形になったのだ。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • ブドウはローマ時代からこの地所で生えていたと思われるが、土地の一画を耕したという文書記録は、もっとも古くて1423年のものとなる。
  • やがて400 ha の広さを持つこの地所は、主に新たに開発された化学肥料の試験農場として利用されるようになった。
  • この地所はそれ以降継続的に改修が行なわれ、1990年代までに元通りに修繕した。
  • この地所は、この男の叔父貴から買ったんだから。 チェーホフ・アントン『ワーニャ伯父さん』より引用
  • おれはソーニャと二人で、この地所から、最後の一しずくまでしぼり上げてしまった。 チェーホフ・アントン『ワーニャ伯父さん』より引用
  • かと言って、この地所からあがるだけの金で都会ぐらしをすることも、また同じく不可能です。 チェーホフ・アントン『ワーニャ伯父さん』より引用
  • トグル、この地所じしょは、おまえのところのお百姓ひゃくしょうさんのかね? ロフティング『ドリトル先生物語04巻 ドリトル先生のサーカス』より引用
  • 細かい点は抜きにして、大づかみに説明することにしますが、まずこの地所は、平均して二分以上の利をあげてはいない。 チェーホフ・アントン『ワーニャ伯父さん』より引用
  • ところが、この地所じしょは、としとった馬にまったく理想的りそうてき場所ばしょだから、もしできれば、ってもらいたいと思うのだ。 ロフティング『ドリトル先生物語04巻 ドリトル先生のサーカス』より引用
  • 次へ »