この地底

89 の用例 (0.00 秒)
  • この戦いは、この地底世界を賭けた大戦争の歴史的な発端となるだろう。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • とにかく、そんなことはこの地底世界ではどうだっていいことではないか? バローズ/関口幸男訳『栄光のペルシダー』より引用
  • この地底では忘れられがちな事実だが、地上はいま夏にあたっている。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • そして、あの真っ白な光は、この地底湖の底からあふれ出ているのだった。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • この地底に生きているかもしれない人間のものでもないのさ! ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 人間が持って来たのでないかぎり、この地底の河の中に、木があるわけがない。 バローズ『火星シリーズ03 火星の大元帥カーター』より引用
  • この地底世界全体で、ペリーとわたしをのぞいては誰にも読めない船名だ。 バローズ/佐藤高子訳『危機のペルシダー』より引用
  • しかし、この地底世界にいるわたしは、依然として二十代なのである。 バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』より引用
  • それだけが、この地底に必要なものであったかもしれない。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07a D-北海魔行 上』より引用
  • それを頼宣はすべてこの地底の魔人たちにくれてやった。 山田風太郎『忍法帖6 魔界転生 上』より引用
  • そこにこめられた苦悶くもんと絶望は、この地底のやみのように深かった。 山本弘『サーラの冒険 3 君を守りたい !』より引用
  • この地底のやみの中で、時間の経過など分からなかった! 山本弘『サーラの冒険 3 君を守りたい !』より引用
  • 当然われわれは、この地底世界に船を建造することができるほどに進歩した民族がいることを知っておどろいた。 バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』より引用
  • この地底に閉じこめられていると、地上の一切の気配から遮断されてなにも伝わって来ない。 森村誠一『ファミリー』より引用
  • もしこの地底に宝が隠されてあるとすれば、それは当然なき初代さんのものであることが、いよいよ明かになった。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • 誰かにつれて来られたのか、あるいは古代王国の魔術師によってこの地底で創造そうぞうされたのかもしれない。 山本弘『サーラの冒険 1 ヒーローになりたい !』より引用
  • それからかれらは、わたしがこの地底世界にきて以来、あるいはそれより以前にも、まったく見たこともないようなことをやったのだった。 バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』より引用
  • おお、これは先刻さっきこの地底へ下っていった黒影の人物だった。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • 翌日、八月二十七日、木曜日は、この地底旅行にとって記念すべき日であった。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 布告ふれがでてこのかた、三けたばかりの魔術師がこの地底の都市まちに来たが、おまえさんほどの実力者はいなかった! 古川日出男『アラビアの夜の種族2』より引用
  • 次へ »