この回想

81 の用例 (0.01 秒)
  • この回想だって、本当にあったことかどうか、彼女にはわからないのだ。 西尾維新『刀語 04 第四話 薄刀・針』より引用
  • この回想は、陸軍の一方的な思いこみにすぎぬということも考えられる。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 読者はこの回想録で、私の経験した事件を残らず読むわけにはいくまい。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • ただこの回想は、実際のどの試合のことを指していたのかが特定できていない。
  • この回想は、勝利者の頭上に冠をささげる奴隷ほどの効果があった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • かくてわがこの回想録には、いっそうの拍車が掛けられることだろう。 正岡容『わが寄席青春録』より引用
  • こんどこの回想を書くために、私は三度目にこの町を訪れた。 大岡昇平『幼年』より引用
  • 彼女の名は、この回想録のなかで今後もしばしば出てくるだろう。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 僕はこの回想記に、バッハの和声組織をまざまざと感じえたのである。 小林秀雄『モオツァルト』より引用
  • この回想から察しても、武者小路は社会的関心がなかったどころではない。 臼井吉見『大正文学史』より引用
  • この回想録は「極めて資料的価値の高いもの」と家近亮子にも評価されている。
  • もっとも、これは前にも云う通り、この回想記の書かれた昭和八年という時点を考えて読まなければなるまい。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 戦史資料として世にだすべきは、牟田口文書でなくて、この回想録だと思った。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • この回想録は、若い人々のために書かれたのではない。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • プルウストは意志的な記憶、理智の記憶といふやうなものでは決してこの回想を書いてゐない。 梶井基次郎『「親近」と「拒絶」』より引用
  • この回想録は1996年に『草の上の月』として映画化された。
  • 私はどんな手紙でも保存して、この回想録に収めたが、ナネッタの手紙もそのひとつである。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • しかしこの回想を通じて、著者の持つ文学への誠実さはこれを疑うことが出来ない。 福永武彦『第五随筆集 書物の心』より引用
  • 私はこの回想を読み、如何にその当時、誰でもが熱っぽく文学を愛していたかを思い出した。 福永武彦『第五随筆集 書物の心』より引用
  • といったところで、彼は、この回想記で前述したオリンポス会の内幕を語りはじめた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • 次へ »